映画「Shine A Light」 はバディ・ガイもカッコイイ!

   21日(日)、娘と二人でストーンズの映画を見てきました。
   初めていく映画館でしたが、狸小路5丁目の WINS から近いので、すぐわかりました。


   f:id:seven4z:20081221105627j:image       f:id:seven4z:20081221105805j:image




   シアター・キノは、ボランティアのスタッフの方たちで運営されてるそうで、
   手作りのやさしさというか、「昔ながらの映画好き」が集まりそうな雰囲気があって、
   ほっと息がつける空間といった感じでした。
   
   もう20年以上前に、ススキノのはずれ(…南7条くらいかな…?)にあった
   「ジャブ70ホール」の雰囲気を、明るくさわやかにした感じの映画館でした。
   けして広くはないけれど、ロビーの掲示板には所狭しと
   ポスターや上映作品に関する切り抜きなどが
   たくさん貼られていました。
   (「Shine A Light」のTシャツを着てるスタッフの方もいました!)


   
f:id:seven4z:20081221110641j:image
    
  


f:id:seven4z:20081221110503j:image

    で、映画ですが、私にとっての1番の圧巻シーンは何と言っても、
   「バディ・ガイ」とのセッション・シーンです!
    曲はマディ・ウォーターズの「シャンペン・アンド・リーファー」ですが、
    バディの変わらぬ歌声はもとよりストーンズのメンバーとの絡みがおもしろかった!

   この曲ではミックがハープ、ロンとキースがギターでしたが、
   ブルースセッションでよくあるアドリブ合戦で
   相手をあおりながらプレイしたり、相手の音を聞いてそれに応えるように
   プレイしたりといった展開が繰り広げられてました。
   まるでそれぞれの担当楽器で、ステージの上で会話をするように!

   中でもキースのギターが1番、バディのリフに応えていたと思います。
   この映像を見て、やっぱりキースの核を成すものってブルースなんだと、
   (勝手に)納得した私です。
   キース選曲の「The Devil's Music」を思い出しました。

   全編通して、いつものストーンズよりブルース色が濃いように思いました。
   スタジアムのような屋外の大きなコンサートじゃなく、劇場でのライブということで
   セットリストもいつもとは違う雰囲気になったのかも・・・
   とこれは勝手な想像ですが・・・。

   ライブ映像の途中にところどころ組み入れられてる昔の映像もおもしろかった。
   特にインタビューに答えるミックとキースの対比が興味深かったです。
   ミックは思ったより不良じゃなくて、逆に大人のな真面目さがあって、
   結構先を読んで動きそうというか…
   私はその辺のことはあまり詳しくないので、
   勝手なこと書くとストーンズファンの方に叱られそうですが
   こんど「成功哲学」を読んでミックに対する造詣を深めたいと思います。




画像
★ 映画のパンフレット





     
画像

★ ビッグ・イシューも売ってました。インタビューが載ってます。




     いや~、なにはともあれ、おもしろかった!
     みんな静かにおとなしく見てましたが、
     私は我慢できなくってついついノッてしまって
     リズムに合わせてかなり揺れてたかも…。
     隣の席だった方、すみません!です。
     
     今の時代、スタジアムでのライブがあたりまえになってるけれど、
     こういった劇場でのコンサートって会場の空気が濃いというか・・・
     密度が高いというか。
     ステージ上のストーンズと観客が一体となって、
     エネルギッシュなパワーの塊がスクリーンから
     せり出してくるような映画でした。



     やっぱ、ストーンズって、カッコイイ!
     わが娘は本来キース大好き少女ですが、
     この映画でギターを弾くロンの腕を見て
     なんでも血管だか筋だかが浮き出たその腕が
     エラく素敵に思えたらしくってその話ばっか
     繰り返し聞かせてくれます・・・。

     帰宅後は机に向かって、ベロマークやストーンズの似顔絵を
     熱心に描いてます。 
     (勉強も熱心にやってね汗)


     今のところ、年明け1月2日までは上映が決まってると、
     スタッフの方が教えてくれました。
     興味のある方、ぜひご覧になってみてくださいね!






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

キース・リチャーズ選曲 「The Devil's Music」
Excerpt:      ストーンズ大好き人間の友人からディスクが届きました。      「The Devil's Music」・・・・・悪魔の音楽って、なんだか映画 「クロスロード」を彷彿とさせるような..
Weblog: Some Day One Day
Tracked: 2009-01-16 14:58