キース・リチャーズ選曲 「The Devil's Music」


     ストーンズ大好き人間の友人からディスクが届きました。
     「The Devil's Music」・・・・・悪魔の音楽って、なんだか映画 「クロスロード」を彷彿とさせるような・・・
     曲目見て、あ、やっぱり。ブルースがいっぱい!
     コピーされたライナーノーツ(みたいの)によると、このCDはかつてイギリスの雑誌UNCUTの企画で
     制作されたものらしいです。キースが普段愛聴しているブルース、ソウルの中から特別に選ばれた
     曲が収録されているとのこと。


     
     先月見た、映画 「Shine A Light」 もブルース色が強かったこともあって、キースの核を成す
     (と勝手に思ってる…)これらの曲に触れると、おぉ、やっぱ、そうくる?と思ってしまって。
     18番的なブルースも含まれてておもわずニンマリです。



           


          1. Amos Milburn ・・・ Down the Road a Piece

          2. Jackie Brenston ・・・ Rocket 88

          3. Robert Johnson ・・・ Preaching Blues (Up Jumped the Devil)

          4. Muddy Waters ・・・ Rollin' Stone

          5. Jimmy Rogers ・・・ Goin' Away Baby

          6. Leadbelly ・・・ Midnight Special

          7. Clarence "Gatemouth" Brown ・・・ Okie Dokie Stomp

          8. Clifton Chenier ・・・ Ay-Te Te Fee

          9. Professor Longchair & His Shuffling Hungarians
                               ・・・ Mardi Gras in New Orleans

         10. Little Richard ・・・ Good Golly Miss Molly

         11. Billie Holiday ・・・ He's Funny That Way

         12. John Lee Hooker ・・・ I'm in the Mood

         13. Bob Marley & the Wailers ・・・ Jah Is Mighty

         14. Hank Williams ・・・ You Win Again

         15. Ike & Tina Turner ・・・ I Can't Believe What You Say

         16. B.B. King ・・・ Everyday I Have the Blues

         17. T-Bone Walker ・・・ Stormy Monday Blues

         18. Wolf Howlin' Wolf ・・・ Moanin' at Midnight

         19. Blind Willie McTell ・・・ Talkin' to You Mama

         20. Clarence 'Bon Ton' Garlow ・・・ Bon Ton Roulet

         21. Aaron Neville ・・・ Tell It Like It Is

         22. Albert King ・・・ That's What the Blues Is All About

         23. Irma Thomas ・・・ Ruler Oh My Heart

         24. Otis Redding ・・・ Pain in My Heart

         25. Booker T. & the MG's ・・・ Baby, Scratch My Back

         26. Al Green ・・・ Take Me To The River



             ※ 各曲が収録されているアルバム情報はこちら →

                           ヨシヒロさんの“リストマニア”リスト



     B.B、アルバートときてフレディ・キングが選ばれてない。個人的に好きなんですが。
     そこがちょっと意外な感じがしました。
     

     オープンGチューニングでテレキャス弾いてるキースもカッコイイけど、
      「Shine A Light」 でセミアコ弾いてるキースも、大人のギタリストって感じで(いや、もう、充分大人
     なんだけど)さらに渋みが増す感じで素敵!です。


     それにしても60代にしてあのパワー、おそれいります・・・。
               
        
    
             

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック