ブログの寿命

     ウェブリブログの使用可能容量は3GB。(カフェ会員の方は1GB。)



     ということはMBに換算すると3,000MBだ。
     ちょっと気になったので自分の利用データ量を見てみたら29.65MBだった。
     ブログを始めてまだ1年経ってないけど、
     おおざっぱに「1年で30MB使用する」と仮定すると、
     私のブログの寿命は100年ということになる。100才??うっそ~!?
     そんなに書けるんだ。
     とっくに死んでるわ、書き手が。



     書き手が死なないまでも、個人のブログの平均寿命ってどのくらいなんだろう。
     芸能人やスポーツ選手のようなファンサービス的なブログは別にして
     全くの個人ブログでモチベーションを保ちつつ書き続けるって
     ものすごいエネルギーが要る作業だと思う。



     マイペースを保つだけでできる業じゃないな。
     少なくとも私には無理くさい。
     なぜなら、長く続けようという気持ちがはっきりいって薄いから。
     ブログというものに対して「長く続けることは素晴らしいこと」という風に
     どうしても思えない。それぞれのブログに寿命がある。そんな風に感じる。
     だから、長く書いてらっしゃる方は本当にすごいなぁ~と思うんだけれど
     真似したいとは思わないんです。



    こうやってなんだかんだ言いながらかけるうちは、幸せな毎日なんだろう。
    これで親が倒れたり、夫の会社が倒産したり(なんか、倒れてばっか。)、
    子供が長期入院なんてことになったらブログなんてやってる場合じゃないもの。
    とはいえこれはあくまでも私の場合であって、そういった大変な時期をきちんと
    書き記して自分で昇華なさる方もいらっしゃるから、ブログを書くと言っても
    様々な形があるなぁと思う。



    ものすごくしんどい時、私なら書けない。
    コメントも受け取りたくなくなっちゃう。(返事する余裕も無いと思うし…。)


  
    何かあってブログを閉じるときは今まで書いたものを残すべき、という考えに
    びっくりした。削除するのが当然だと思っていました。
    検索した結果、リンク無効になってると迷惑だっていうんだけど…
    それとネットはみんなの共有財産であり、その網(ネット)の一部に参加してた
    という自覚を持つべきだという考え方。そんな風に思ったこと、なかったです。
    好きな時に始めて、いつさよならしていいものと思ってました。



    どのくらい続くのかな~、私のブログ。
    (これをブログと称していいものかどうか・・・笑。 雑文綴りだな。)    
    


    忘れないための「備忘録」っていう使い方がしっくりこない。
    公開する段階でひと様の目に触れるわけだし。
    見られてる意識とか見てほしい気持が少なからずあるわけで
    そうなったらもう単なる備忘録とは言えないんじゃないのかな。


    
    まあようするに、ふらっともういいやって思ったら
    そのときが潮時ってことなんだろう、きっと。
    

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

  • 日向 夏生

    ナイスです!
    自分が好きでやってることなんだから、他人の目や評価を気にせず好きなようにやるってのがいいですよね。
    ノルマみたいに毎日書かないとだめだとか思わず、書くネタがあって書きたい時に書くってのがいい感じ。
    わたしも書くときは連続して書きますが、書かないときはしばらく放置とかありますもん。
    2009年07月16日 13:32
  • らいあ

    日向さん、こんばんは♪
    楽しんでやってる分にはいいけれど
    ブログ継続に意義を見いだせなくなったら
    さっさと閉鎖だなーと思ってます(笑)
    いい意味で図太くないと、ネット上で発言するなんて
    できないんじゃないかと感じています。
    それは自ブログでもそうだし、
    お邪魔したブログでのコメントもそうだし。
    ちょっと怖くなる時があったりします。

    2009年07月16日 21:12

この記事へのトラックバック