Queenとフジコ・ヘミング~共通する魅力(…独断と偏見で。)

     

     天気がいまいちで久しぶりに脚が痛むので、競馬場は欠席しました。(T_T)



     明日で札幌開催もおしまいだから、行く気満々だったんだけれど、ここで無理をしては
     あす以降のお散歩にひびくので、潔く計画変更です。
     フレディのお誕生日だからQueenを聴くのは当然として(まぁ、なんだかんだいって
     毎日聴いてるんだけど・・・笑)しばらく弾いてなかったピアノを練習~♪
     歩きはじめるようになってから、写真の整理や編集におわれてあまり楽器を
     いじってないなぁ、これはいかん!と目覚めました。
     今日という日を思うとやっぱり曲目は「Love Of My Life」だなぁ。
     っていうか、そんなにレパートリーもないことだし。(^。^)


     このあいだ、生協の宅配「トドック」で、フジコ・ヘミングのCDを買った。
     2枚組で、「乙女の願い(リスト)」 「ラ・カンパネラ(リスト)」 「革命のエチュード(
     ショパン)」 が入ってたので迷わず購入を決めたCDだ。
     「乙女の願い」は以前娘がコンクールで弾いたことがあるので馴染みのある曲、
     あとの2曲は昔から大大大好きな曲!そして「革命のエチュード」は今年のピアノ
     発表会で娘が弾くことになってる曲でもあります。
     きっと地獄を見ることと思うけど、がんばってくれ~~ヽ(^。^)ノ




画像

「フジコ・ヘミングの世界~ラ・カンパネラ / 別れの曲」




     クラシックに関しては理論も何もわかっちゃいないのですが、フジコのピアノは
     ものすごくのめり込んで聴いてしまう。そして、こう、なんていうか、ぐ・ぐーーっと
     こみ上げるものを感じるというか、切なさと甘さと、感情のギリギリのラインというか。
     この感覚はQueenを聴く時の感覚と、すごくよく似ています。

     「そういう解釈はまちがってるよ」とか言われても困るんです。(笑)
     実際そういう風に感じてしまうもんですから。(^。^)


     「革命のエチュード」の初めの方は、あれ?思ったより優美でドラマチックかな?と
     思ったんだけど、曲が展開されるにつれてどんどん熱くアグレッシヴになって
     激しい情感を感じます。「怒り」にも似た痛切感、のような。

   
     この感覚。静と動、白と黒、胸に切なくこみ上げる感覚。
     Queenと共通する何かがあります。(私にとって、ということだなぁ。)
     前に似たようなことが書いてあったライナーノーツがあったなぁと思い、
     手に取ったLPがQueenデビューアルバム「戦慄の王女」。
     1973年英リリース、日本では翌74年の3月に発売されてます。
     お書きになったのは大貫憲章氏です。


     ちょっと抜粋して書き出してみると、


      ~誇り高き緊張の官能。そのカタストロフィーの哀しき麗しさ~

      ~ドラマティックな曲の展開か。現代的な音響感覚か。いずれも肯である。~

      ~ “ 極度の緊張感の持続と、それがある一瞬時に崩壊する際の、美的な哀切感、
          はかなさの甘きすすり泣き ” ~

      ~そうしたテンションとカタストロフィーの関係を~劇的に抒情的に描く。~




     特にデビューアルバムから5作目までがこの感覚を味わえると思う。
     だから、初期のQueenに特に魅かれるのかもしれないなぁ。(^。^)


     そしてこの表現は、フジコのピアノ演奏にそっくり当てはまると思います。


    フジコとQueen 、バックボーンはまったく違うのだけれど、
    一度曲を聴くと、「わしづかみにされて放してもらえない」魅力があります。
    こうなってしまうとおそらく一生(のがれられない…それが嬉しい。笑)聴き続けることに
    なるんだろうなぁ。




      

     

    ・・・・・ものすごくどうでもいいことですが、フジコもフレディも猫好き…だわ~(^。^)



画像

そこんところは、らいあもいっしょ~~(*^_^*)








     

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

  • JUN

    こんばんは

    音楽とピアノとネコ
    この組み合わせがなんともいいです

    フジコさんのライブ、1回だけ行ったことがあります。
    大ホールでいっぱいの人。やっと端っこの席が取れました。

    らいあ家は音楽一家なのですね。
    お嬢様、ピアノコンクールに出られたということ。
    かなりの腕前ですね。

    今年の発表会、頑張ってください。

    ネコちゃん、愛らしいですね
    2009年09月06日 23:42
  • らいあ

    JUNさん、こんばんは!
    コンサート、行かれたのですね~♪
    うらやましいです。チケット、なかなか手に入らないようですね。
    一度、生で聴いてみたいです!

    娘のコンクールは「とりあえず出てみました~(^_^)v」みたいな
    感じでして・・・世の中にはスゴイ腕前のお子さんがいらっしゃるもんだと
    驚いてしまいます。(@_@;)
    娘は発表会曲の「革命」に、すでに打ちのめされた感があります…笑
    エールのお言葉、ありがとうございます!


    2009年09月07日 20:26

この記事へのトラックバック