曲が耳について離れない。

 ある曲が耳について離れない、気がつくと頭ン中でグルグルまわってるってこと、ありませんか?



   
   いままであまり聴いてなかったんだけど、たまたま耳にして以来ある曲がこびりついて
   離れない・・・ってことありませんか?


   今、そゆ状態。ラジオでたまたま聴いた曲。
   レーナード・スキナードの「Sweet Home Alabama」です。自分でもなんで?って感じ。







     サザンロック方面はほとんどわからなくて、レコードは1枚も持ってない。
     オールマン・ブラザーズとかZZトップとか、ザ・バンドとか、バンド名は知ってても
     曲は有名どころしか・・・んん~、ほとんど知らないわ・・・。
     彼らの曲のイメージは、泥臭くてなんていうか、「男の汗臭い音楽」みたいな感じがあるなー。
     あまり触れる機会がなく、ここまで来てしまった種類のロックであります。


     レーナード・スキナードに関しては、メンバーのほとんどが飛行機事故で亡くなったこと…
     くらいしか知識がなくって、曲はまーーったく聴いたことがないっ!未知の世界!


    それがたまたまラジオで曲が流れて以来、頭ん中で

             「すぃ~ほ~まーらばっまぁ~♪」

    が、まわってまわってまわり続けております。(^。^)



   この曲ができた逸話というか、由来というか・・・に、「Sweet Home Chicago」になんか関係が
   あるよ~な無いよ~なみたいな・・・そんな話をラジオで言ってたんだけど、
   朝の準備のあわただしさのなかで聴き逃してしもうた・・・どなたかご存知でしたらコメントにて
   お教えくださいませね~!お願いしますっ!(ネットで鋭意精査中ですが未だ判明せず…)  



    なんだか、落ち着くんだよね、「Sweet Home Alabama 」 。
    特にギターの音が。 いい感じ。   
     

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

  • koko

    そういうことってありますよね。
    らいあさんの場合、音楽好きのようなので特にそんな事多いんじゃあないですか?

    歩きながら鼻歌歌ってるもんね。
    2009年10月27日 11:14
  • さくらとありす

    こんばんわ☆
    はじめまして。。。
    私のブログに遊びに来ていただいて
    ありがとうございました♪
    また、お暇な時間があれば是非☆

    おかげで感動シーン観れました(>w<)
    です!

    私の場合はジャンルは完璧に
    違ってしまっていますが
    同じですよ~
    酷いときは口ずさんでしまいますから(^▽^)

    また、お邪魔させてくださいね☆
    2009年10月27日 21:33
  • らいあ

    kokoさん、こんばんは!

    今も耳についてて、聴かずにはいられない衝動に駆られてます♪
    CDやLPを持ってない曲は、youtubeのお世話になっとります。

    散歩の時の鼻歌ね・・・
    前後左右を確認して無人の場合は、「マジ歌」になってます。(^_^)v
    2009年10月27日 23:06
  • らいあ

    さくらとありすさん、こんばんは!

    犬夜叉のことが書かれてたので、おせっかいかなとも思ったのですが
    書き込んじゃいました。(^。^)
    娘も私も大ファンなんですよ~!
    放送されない地域があるなんて…悲しすぎるっ!(T_T)
    アップしてくださる方には、本当に感謝!ですよねー!!
    きのうの段階でもう第4話がアップされてましたね。ご覧になりましたか??

    わざわざこちらにまでコメント、ありがとうございます。(^。^)
    また遊びに行きますね~!
    2009年10月27日 23:13
  • オクターブの共鳴音

    こんにちは~。この曲大好きなんですよ~、私^^。
    以前UPした記事「聴きたい音楽(番外編)自分が聴くための曲集:数曲試聴可」
    http://resonance222.at.webry.info/200805/article_3.html
    にも書いたんですけど、自分で好きな曲だけあつめてつくったCDにも入れてます。
    ニール・ヤングの「Southern Man」へのアンサーソングと言われてるんだけど、南部の人間をバカにしたな、ということから、♪ニール・ヤングの唄(♪サザンマン)を聴いた、ニールの野郎は南部をコケにしやがった、覚えておけ!南部人(サザンマン)は金輪際オメェを相手にしねぇ!♪というような、歌詞もちゃんと「Sweet Home Alabama」のなかに入ってるんですよ^^。
    http://www.elyrics.net/read/l/lynyrd-skynyrd-lyrics/sweet-home-alabama-lyrics.html
    人種差別って、日本人にはあまりピンとこない話題だと思うけど(勿論、ないわけではないんだけど)、西洋の方々のほうが現実に待遇の差別、蔑視とかあるのでこういうエピソードも生まれるんだと思います。
    ー続くー
    2009年10月31日 10:14
  • オクターブの共鳴音

    "Muscle Shoals has got the swampers"という部分が(多分)、マッスル・ショールズのスタジオミュージシャンであるJimmy Johnsonのことを詩っているという話もあります。
    ※マッスル・ショールズ=Duane Allmanなど有名ギタリストが多数演奏した南部の有名スタジオ。惜しまれつつ閉鎖。最後にここで録音したのが、なんとギター屋さんNancyオーナーの岸田さん、という!最初のアルバム「南水」には、そのJimmy Johnsonも参加してます。
    そんなマッスル・ショールズのメンバーが、この間ドニー・フリッツと来日したもんで(Jimmy Johnsonは来てない)、好きな人は狂喜乱舞だったんですよ~。私も、Towerでのインストアライブのことを記事でUPしましたけど^^。
    長文失礼いたしました~。
    2009年10月31日 10:15
  • らいあ

    オクターブの共鳴音さんっ!お返事が遅れて申し訳ないですー!
    とても詳しい(さすがっ!)お話をありがとうございます~(^。^)
    この曲にはこんないきさつがあったんですね~・・・歌詞を見てみたらモロに、
    「ニール・ヤング」の名が登場してて、ビックリ。(@_@;)
    もっとゆったりとした、青空の下が似合うような感じの曲かと思ってたんですが
    日本人の感覚で受けとめるのとは違う、蔑視や差別が根強いんでしょうね。
    (ニール・ヤングはカナダ人なんですね。しかも、そのものって感じの「アラバマ」
    という曲まで…(@_@;) )

    マッスル・ショールズのこともまったく知らなくて、
    オクターブさんの記事を拝見したり、検索かけてちょっと調べてみました。(^。^)
    彼らが自信のスタジオを持つ前のフェーム・スタジオ時代にはアレサやウィルソン・
    ピケットの作品でも演奏してたんですね!そしてマッスル・ショールズの
    スタジオではサム&デイブやステイプル・シンガーズのバッキングもやってたこと
    などなど・・・レーナード・スキナードからどんどん話が広がってしまって・・・
    すっかり楽しんでいます。(^_^)v

    で、そんなすごい所で最後に録音した方というのが日本人なんですか??
    ますます驚きです!

    タワレコのインストアライブの記事も拝見しました~(^。^)
    なんだか、遠い外国のお話を聞いているようでした。(笑)
    海を越えた北国では、こういったイベントやコンサート、映画やお芝居なども
    ものすご~~く限定(選択肢が少ない)されてるので、うらやましいやら
    びっくりするやら…なんですよ~!

    たくさんの楽しいお話を、本当にどうもありがとうございます~~!!ヽ(^。^)ノ






    2009年11月02日 10:18

この記事へのトラックバック