フレ岳発見★グーグルアースで山めぐり

    ウォーキングをするようになってちょっと気になってたことがある。


    遠くに連なる山はなんていう名前なんだろ?
    雨が降った翌日なんかは、特にきれいにしかも近くに見えるんだよね。

    グーグルアースを立ち上げて、まずはいつもの散歩コースのところどころに
    目印のピンを打った。
    そこから東西南北を間違えないように地球を転がしながら、ここかな?と目ぼしをつけて、
    山にズームして名前を調べてみたんだけれど、
    知名度の低い山は名前が出てないのか(そこまで詳しくはデータが入ってないのか)
    よくわからない結果になってしまった。

    ネットで調べてみたら、
    「カシミール」という地図ソフト(ツェッペリンではなかった笑)が
    山の名を調べるにはとてもいいらしいので、さっそくダウンロードしてみたんだけど、
    使い方がよくわかんなくって悪戦苦闘の末アンインストールしてしまった。(T_T) 
    う~む、初心者にはハードルが高かったなぁ。
     
    まぁ、山登りが目的なわけじゃないんだから、だいたいのことがわかればそれでいっかー。
    というわけで時間くったわりにたいした進展も見せぬまま
    グーグルアースに舞い戻って遊んでました。

    そうしたらこれが結構面白くなってきちゃって、山のマークが出てくるたびに名前調べて、
    それぞれに目印のピンを打って名前をタイピングしてたら、
    北海道じゅうがピンだらけ(^^;)
    
    遠目で見ると針刺し(ピンクッション)みたいな状況になってしまった。
   
    こうなると散歩コースから見える山の名前はどうでもよくなってて(笑)、
    ただの「北海道の山調べ」になっております。
    
    自分の家からずいぶん遠くへ来たもんだーと思いながら支笏湖付近の山を調べてたら、
    ええー?
     
    見つけましたよん、ドキドキする名前の山がっ。
 
           フレ岳!



    生まれも育ちも北海道、根っからの道産子なんですが、全く知らなかったー。
    支笏湖の西側にある山で、フレナイ川(沢?)の上流にあることから
    この名がついたらしい。
    フレ=赤い、ナイ=沢、どちらもアイヌ語です。標高1,046メートル。
    緯度 : 42°47'6.59"N 、 経度 : 141°13'18.44"E あたりにあります。(^。^)

    ここまできたら勢いで…ということで、
    めい岳や無頼(ぶらい)山、ぶり岳、ていら山(さすがに、ろじゃ山はないか笑)、
    でこん岳など検索かけてみましたが、北海道には存在しないみたい。
    あたりまえかー。(アホ)

    でも世界に目を向ければ存在してそうな気もするので(笑)、
    次回ヒマな時に調べてみようと思いますー。



      
           




         

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック