お馬さんに会いに

     先日、ノーザンホースパークへ行ってきました。本当に久しぶり、約10年ぶり(汗)。



     厚真町に住む友人と、三川にあるスープカレーのお店でごはん食べよう!ということになり、
     それぞれ子連れで早来駅にて待ち合わせ。
     せっかく早来方面へ来たのだから・・・と言って、馬好きの私のために
     ノーザンホースパーク(庭散策とお馬見学)と社台スタリオン(ディープインパクト展示)に
     連れて行ってくれました。(^。^)


     ノーザンホースパークは馬や自然と触れあえる観光牧場ですが、競馬ファンであればさらに
     楽しみが倍増すること間違いなしのホースパークです。
     約15万坪の敷地には、広さ1万坪のK's Garden(広大な庭と、その花たちを眺めながら
     食事を楽しめるレストランがある)、乗馬施設、社台関連の競走馬たちの記念の品が展示された
     ホースギャラリー、馬に関するグッズやオリジナルのお菓子などが手に入るショップ、などが
     点在して建ち並び、自由に散策したり自転車を借りてパーク内を移動することもできます。
     (自転車は、一人乗り、二人乗り、4人乗りというのももありました~。)   


     スポーツも楽しめるようになっていて、テニスやパークゴルフなどの施設も用意されてます。
     (各種、入場料500円のほかに料金がかかります。)  
     もちろん「ホースパーク」だから、引き馬や観光馬車に乗ることもできます~(^。^)
  
     
     また、競走馬(1歳馬や当歳馬)のセリ市「セレクトセール」が行われたり、
     馬術大会に向けて訓練が行われたりしてるので、そういう意味では普通の観光牧場とは
     ちょっと趣が違うかもしれません。
     その馬術大会には、かつてターフを賑わしたお馬さんたちも出場します。
     
     競走馬または種牡馬を引退した名馬たちが繋養されているし、
     種牡馬が繋養されている社台スタリオンへは車で15分程という距離なので、
     お馬見学目的でやってくる競馬ファンも多いと思います~。


     パーク内を散策してると、すぐそばを馬たちが通りすぎていきます~。ヽ(^o^)丿


画像
観光馬車をひくクライスデール(だと思う。汗)



画像
引き馬のお仕事を終えたところかな~。




        馬術の訓練の様子も自由に見学できたり、

画像




        お世話している様子も眺めることができます~。

画像




         こちらは馬房に入っているクライスデール(だと思う、多分。)のGeorgeくん。

画像
頬革のネームプレートに「George」。美しく優しい目。(なかなかの男前だわ。)




        ポニーの牧場も。

画像





        そしていよいよ、ターフで大活躍をした彼らに会いに厩舎へ。逸る気持ちを抑えつつ・・・


画像
ダイナガリバー。社台グループ初のダービー馬。鼻白、撮れなかった…(ToT)



画像
テイオーの仔、トウカイポイント。マイルチャンピオンシップ優勝馬。



画像
安田記念優勝馬、ツルマルボーイ。




画像
エアジョーダン。共同通信杯優勝馬。




画像
デルタブルース。菊花賞馬。




画像
タップダンスシチー。ジャパンC、宝塚記念優勝。




画像
菊花賞馬、ザッツザプレンティ。




画像
なかなかこっちを向いてくれなかったラスカルスズカ。サイレンススズカの半弟。




        なかでもラスカルスズカに会えたこと、とても感激しました。
        現役のころ、札幌で走った時に応援に行ったりしてたからねぇ。
        元気そうでよかった。(^。^)


        厩舎、馬房の中は、猫たちの出入りが自由になってます~。
        馬はさみしがりやな動物だから、小動物が一緒だと落ち着く…
        と何かで読んだことがあります。(おそらく競馬ブック。)
        海外のレースに出向くときには、いつもいっしょに暮してる犬や猫を連れて行くことも
        あるらしいです。この日は2匹の猫に会うことができました。


画像

     

        こどもたちにも大人気の2匹でした。されるがまま。(笑)


画像
「厩舎の中では静かに見学してにゃ!」




        厩舎の近くにあるホースギャラリーには、優勝時の盾やゼッケンなど記念の品や
        社台を支えた輸入種牡馬の写真パネルなどが飾られています。


画像
社台グループの繁栄の礎を築いたノーザンテースト。



画像



画像
右の鞍は武豊騎手が使用したもの。



画像
大種牡馬サンデーサイレンス。





        ホースギャラリーに入ってすぐ、入り口に近いところで、
        懐かしい名牝の名を目にしました~*^_^*


画像
ジャパンCの時のゼッケンかな?





         限られた時間の中での散策は、なかなか忙しいものがありましたが(汗)
         久しぶりにお馬たちの匂いを胸いっぱいに吸い込んで、
         身も心も幸せいっぱいの気分に満たされました。

         パーク内にある庭 「K's Garden」 も、とても心地よく花と木々を眺めることができます。
         冬期間の降雪が少なく、越冬に苦労しながら造られたという庭の写真は
         のちほど、どど~んと。



       









   

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい

この記事へのコメント

  • むっちゃん

    馬を追いかけていた頃を思い出すなぁ。
    ノーザンテーストの子供を避けて馬券を買って連敗やったもんね(笑)。
    むっちゃんは育ちが悪いから、自分と馬を重ね合わせてダイナの良血馬よりも、マイナーなステイヤー血統の馬を応援することが多かったもんね。シーホーク・・ラディガ・・
    2011年08月27日 08:44
  • らいあ

    むっちゃん、わかるわかるぅ~ヽ(^o^)丿
    サンデーの時代になってからも、「社台、サンデー、武豊」を
    意図してハナから外したり!(笑)
    それと大手の牧場産より
    小さな家族経営の牧場から出た馬を
    応援したりしてました~(^。^)

    今の競馬は上がり勝負が多いから
    スタミナ豊富なステイヤーの活躍する場が
    少なくなってしまって残念ですよね~。
    せめて母系に名を残してほしいです~。
    2011年08月27日 13:41

この記事へのトラックバック