原風景



幼い頃過ごした海。苫小牧の海。



ひろびろと
どこまでも平らな浜砂
なだらかな海岸線が続く


海と聞いて
ふと胸に思い描くのは
この太平洋の海


子どもの頃毎日遊んだ砂浜
久しぶりに歩いてみたくて
そんなことを考えてたら
なんだか無性に帰りたくなって
娘を連れて苫小牧へ


5月20日の海。
春がまだほんの少しばかり
遠い海。


画像



昔は何もない海だったけれど
今はすっかり姿を変えて


画像



遊歩道が敷かれ
人々の憩いの場に


画像


画像


画像




鉛色の空
厚い雲におおわれて
頬を抜ける浜風がひんやりと冷たい


画像



しゃがみこんで
砂に手を潜らせてみた
陽の光はとどかなくとも
こんなにも暖かいなんて

ああ、そうだった
砂はあったかいんだよ。
子どもの頃の記憶の引き出しが
今ゆっくりと開かれる。
砂を握りしめた私の目の前に
しずしずと波が寄せては返す。



黄色と銀色と。
潮風をめいっぱい浴びながら。


画像



またくるよ、と
こっそり自分に囁いた
また、ね。



画像




苫小牧の海。
ここに来たのは17年ぶり。


17年前
娘がまだおなかにいた頃
父とここに来たことがある。
私が幼かった頃の話を
懐かしそうに楽しそうに
語る父。
父と私、二人だけの時間が
密に過ぎて行った。
父が旅立つ8か月前の
静かな海辺の思い出。


帰路につき
日常の現実に戻る。
何の気なしに
ふと古い日記を繰ってみて
はっと息をのんだ。


娘と眺めた5月20日の海。
17年前に父と訪れたのも
5月20日の海だった。


偶然?偶然かもしれない。
何かの巡りあわせ?そうかもしれない。


子どものころの浜辺にも
17年前の浜辺にも
今年の浜辺にも
流木がぽつんぽつんと
点在していた



画像



変わらない風景がある。
なだらかな海岸線とともに。




画像





















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック