さらばスタンド・札幌競馬場よろある記<1>

   1971年に竣工された札幌競馬場のスタンド。


   41年ぶりに大々的に改修されることになった。
   今月から工事が始まり、再開予定は2014年8月になるのだそうだ。
   
   来年は札幌開催がお休み。
   そして、悲喜こもごも、懐かしい思い出が詰まった古き良きスタンドとも
   今年の夏でさようならということになる。

   スタンド席はとりわけ父との思い出が多い。
   昔は今と違って中央競馬と並行して地方競馬もここで開催されていたので
   柱番号で待ち合わせては一緒にブリーダーズゴ―ルドカップを観戦したことが
   よい思い出となっています。(^。^)

   ここはやはり、スタンド最後の雄姿をこの目に焼きつけねば!
   写真もビシバシ撮ってこないば!
   
   この夏ずーっと脚の調子がイマイチでしたが
   開催最終日となる9月2日には
   もう杖など要らぬ、這ってでも匍匐前進でもなんでもやっちゃる!
   の勢いで突撃してまいりました。

   最終日だけあって開門30分前にはすでにたくさんの人、人、人。
   入場券売り場の列に加わり、9月とは思えぬ刺すような日差しを浴びながら
   にじみ出る汗を拭き拭き待ちまして、、、

   やっと開門。出迎えてくれたのは、このお二人。(●^o^●)


画像



       ミニチュアホースのトニーくん(15才)とゴルゴくん(18才)。
       大人にも子どもたちにも大人気、たくさんの人が足をとめて
       撫でたり写真を撮ったり。
       久しぶりに会った2頭の変わらぬ元気な姿に不覚にも涙が。
       もぅ~年とるといろんな穴があれで困ります。
       ゴルゴくんはお年なので今年で引退するかも…とスタッフのお姉さん。
       2頭の間に入らせてもらって、一緒の写真まで撮ってくださいました。

       開門直後には誘導馬たちもお出迎えと聞いてたので
       急いでパドックへ。


画像


       手前(鹿毛)からマイネルスケルツィ、タマモアテンション、ベイズウォーター。  
       ここもたくさんの人でにぎわってました。


       正門から入場すると目に飛び込んでくるブロンズ像。

画像


        「駿馬躍進」。
        競走馬3頭のブロンズ像は世界にも例がないとのこと。

        

画像
「…よしっ!」おっちゃんの意気込み&勇み足。


画像
第1レースを狙う人々で徐々に込み合うパドック周辺。

       

      
        馬券勝負はひとまず置いといてスタンドへ。
        薄暗いスタンド下を通過すると芝生がひろがっている。

画像


        馬たちが走るコースと、スタンド席の間、
        コースに沿うように芝生が敷かれているので
        レジャーシートの上で、持参したお弁当を広げながら
        競馬観戦を楽しむことができるようになってます。
        重賞レースのある日には足の踏み場もないほど
        シートが敷き詰められます。

        地下通路をくぐりぬけて内馬場へ。


画像


        
        遊歩道があったり(馬車や引き馬のお馬さんたちも通る)、
        ラベンダーの丘や子どもたちの遊具や砂場、人造の小川があったり。
        小川には足を入れることもできます。気持ちよさそ~(●^o^●)


画像
朝から水遊び。9月の北海道とは思えない光景(@_@;)


         靴脱ぎ捨てて子どもたちと一緒に水を漕ぎたい欲望を抑えつつ
         汗だくでゴール前へ。レース前のゴール前、特に内馬場は静か。


画像
しっかり陣取ってこれから勉強(予想)の図。



         内馬場からスタンドを眺める。懐かしい。やっと会えたね。


画像
橙の実はハマナス



画像
誘導の仕事を終えて



画像
内馬場から観たダートのレース



         そして馬券の方もちょこっと的中して、

画像


         道営ジョッキー五十嵐騎乗のシーギリヤガールの単複で勝負。
         そしたらあ~た、8番人気で見事1着!\(^o^)/
         単1,930円、複勝7番人気で420円の配当。
         お土産に『ゲートインクッキー』を加えることができました。(^。^)


         午後になるにつれてスタンド席は日陰になる。
         吹く風が心地よく、ほっと一息つきたいところだけれど
         最終レースを待たずして並ばなくてはならない。

         この日のメインイベント、最終レース終了後のコース解放。
         お馬が走る芝コースに入れてもらえるのです。
         そしてこの日はダートコースにも入ることができて、
         先着2,000名に小ビンが配られ、それにダートの砂を入れて
         持ち帰ることができるというサービスがあったのです。


画像



         第12レース発送前に集合場所である4コーナー付近へ。
         早めに行ったつもりだったけどすでに長蛇の列が・・・(゚□゚||)
         結局そのまま30分以上ならび、朝から歩き続けた私の両足は
         前方に左右交互に出すんだぞ?と
         指令確認を意識しなければ動かないほど
         スムーズさを欠く状態になっておりました。(T_T)

         いや、這ってでも転がってでも行くのだ。
         いざ、芝コースへ。
         

画像
あの馬もこの馬も駆けぬけた4角。



        待ちわびた競馬ファンが続々と入場。
        ふかふか、ふわふわの芝。うちの庭とは比較にならないほど美しい芝。
        

画像
子どもたちもとっても楽しそう!



        芝コースを歩く様子がターフビジョンに映しだされます。

画像

        
        ガクガクの脚を、できそこないのロボットのように
        とりあえず左右交互に突き出してみました~みたいな私の姿も
        無情にも映しだされたことでしょう。(泣)


        芝コースの中ほどに発馬機が置かれていて
        競走馬さながら中に入ることができるようになっていました。
        ここも競馬ファンがたくさん。

画像



画像



        4コーナー付近から歩き、ついにゴール板のへ前へ。

画像



        いつからかライラックになっていた。
        昔はスズランでした。

        ゴール板の脇から、いよいよダートコースへ。


画像



       ダートのゴール板あたりで小ビンに砂をすくい入れてたら、

       「俺は芝よりこっちの方がぐっとくるんだ」

       連れの女性にそう言いながら微動だにせず
       じっとゴール板を見つめ砂に立ちつくす初老の男性がいた。
       女性のほうも何か言葉を返すでもなく、静かに男性に寄り添っていて
       なんだか古いモノクロ映画のワンシーンを観ているようだった。

       砂をすくう手を思わず止めて見入ってしまったわ。
       
       そして数々のゴールの瞬間を、ゴール板は見てきたんだね。
       

画像



画像



        小ビンに入ったダートの砂。
        思ったより粒が大きく感じられます。


画像
あの馬の蹄鉄に触れた砂が一粒くらい入ってるかもしれない。
 


        ダートコース見学、砂のお持ち帰りのあと
        地下馬道を通って検量室~パドックへ。
        レースに出走する馬と騎手が通る道順を逆に進むようなかんじで
        見学をさせてもらえました。
        おばばの競馬場よろよろ歩きがまだまだ続きます~(^。^)

                                         (<2>へ続く)

             
       
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

  • dobien

    競馬場って広々してて、いいですね~
    私も東京にいた時は府中競馬場によく行きました。
    馬のことは詳しくわからないのですが、馬の姿、走っている姿が好きでした。
    また行きたくなりました。

    らいあさん、当たってすばらしい~~~
    2012年10月05日 10:29
  • らいあ

    dobienさん、
    お天気にも恵まれ(すぎて)日焼けしてしまいました(@_@;)
    競馬場は札幌しか知らないので、
    いつかは府中のG1を体験してみたい~!
    広すぎて迷子になったりして(^^;)

    馬券的中はラッキーでしたヽ(^。^)ノ
    購入金額は少額ですが
    お馬と騎手への応援は派手にやってきましたっ(^^)v

    2012年10月05日 23:08

この記事へのトラックバック