虫対策

         毛虫や蛾など、キモワルちゃんの写真をマクロで撮るのが好き。(げげー)



         ときめきとは違った意味のドキドキを感じながら、
         「たのむから今こっちに来るなよ。じっとしててくれよ!」」と祈りながら、
         そぉ~っとにじり寄り、撮る。(あぶら汗まみれ。笑)

         基本的に虫は苦手なんだけど、屋外の彼らならわりと大丈夫。
         でももし家の中に入って来られたら・・・もしそれがクスサンとかだったら・・・
         
         まちがいなく瞬時に発狂だわ。確実に。(@_@;)
         いっそのこと気を失って倒れてしまいたいわ。


         こないだ、家の周りを片付けながら
         物置へ行く途中のことじゃったー。
       
         みなさんは、直径2~3センチ大のゴロンゴロンとした
         ぶっといクモがぶら下がったでっかいクモの巣に
         顔面からモロに突っ込んだ経験がおありでしょうか。(T_T)

         こ、こ、こんなことがまさかわが身にふりかかるとは・・・。

         あれ?なんかひっかかっ・・・クモの巣??
         「・・・!!」と思った瞬間。

         メガネのレンズ越しにスパちゃんが(スパイダーをかわいく呼ぶの法則)
         至近距離でぶらんぶらん。(T_T)

         「んぎゃ~~~~~~!!」
         イアン・ギランやウィルソン・ピケットに負けず劣らずの大絶叫とともに
         振り払ったメガネは悲しいかなコンクリのブロックに激しく落下。
         プラスチックレンズの中央に、白い模様が刻み込まれ
         いつでもどこでも飛蚊症の世界を味わえる仕様となったのじゃったー。

         もちろん「マクロで撮る」余裕なんぞ微塵もございませんでした。(T_T)

         この直後、物置周りにクモの巣ジェットをずばばばばーっと吹き付けたのは 
         言うまでもありません。
         このクモの巣ジェット、殺虫剤の域を超え、
         まるで消火器のごとき勢いで噴出するのには驚きました。
         無くなるのもあっという間ではやかったけれど、
         これを噴霧してからは、クモが巣をつくることはなくなったのでした。
         シリコンの働きで、多少の雨にも流されず効果を発揮するらしい。
         殺虫よりも忌避効果に期待して使いたいわ。

         
         この10年、明らかに気候がおかしくなり
         北海道らしいカラッとした夏が蒸して気温も高くなり、
         その影響で冬も海水温は下がることなく、とんでもない大雪を招く。
         そのおかしな気候とともに、見たこともない大型の蛾が登場したり、
         まぁ、キモワル撮影的にはありがたいけど(ありがたいのか?笑)
         家の中に入って来られちゃ困る。
         街灯に寄った勢いで、ぶわわわーっと飛んでこられちゃ困る。

        
         そこで今年は前向きに虫対策。
         さあ、どこまで防ぐことができるかな?


画像
蛾の絵のところは持ちたくない。(汗)




          久しぶりに見たタモリ倶楽部のそら耳が
          とってもタイムリーな内容で笑った。(●^o^●)








         



          

          

         

         

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 12

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!)