昨日の散歩~キモワルを求めて

        定期恒例行事となりつつあるギックリ腰からようやく復活。


       
        昨日、復活の狼煙を上げるべく
        家から最も近い川まで歩いてきました。
        
        まともな体の時であれば
        往復で30分もかからなぬ距離を
        1時間ちょっとかけて筋力を確かめながら。
        
        今回は腰に加えて両膝もやっちまったので
        横になっても痛みがおさまらず寝返りもままならず。
        布団の上に丸太が転がってるような状況でした。
        マルサの女ならぬマルタの女。

        扇風機の風を浴び、痛ぇ痛ぇよぅ~と喘ぎながらも
        胸の内をよぎるのはあのサイケなキモワルちゃんのこと。
        アタシがこんな風にうだうだしてる間に
        蛹になっちゃうんじゃないかって。
        そうしたらもう会えないじゃないのって。
        そりゃ、気が気じゃなかったわ。

        はやる気持ちを抑えつつ
        腰・膝をいたわりながら
        時速でんでんむし強で散歩。
        数日ぶりの外の空気を思いっきり楽しんできました。



画像
アスパラの実



画像
プラタナスの新芽




         いとしのサイケな彼はここにはいなかった。
         セセリチョウの仲間とテントウムシ。


画像


画像




         川の傍にはクサフジ。

画像
左手前のうっすらと青いのがクサフジの群生



画像


画像

       

        
        1時間以上もうろちょろしてたにもかかわらず
        やはり誰に遇うこともなく
        
        聞こえてくるのは風の音と鳥の声。
        鼻歌がマジ歌になったところで全然恥ずかしくありません。


画像




         そしてようやくご対面、サイケブラザーズ。

画像




         アタシがねっころがってるあいだに
         あたりまえだけど成長を続け
         ふっくらぷにぷにになってる子も。(@_@;)
         
画像
悩ましい腰つきがせくすぃ~




         こんなデザインの列車が走ったらきっと素敵。
         近い将来、北の大地を颯爽と駆け抜けるであろう北海道新幹線に
         ぜひこのデザインを採用していただけたらと思うと
         いろんな意味で胸がドキドキ、あぶら汗。
         車内の座席もおそろいのサイケ柄でお願いします。うひょ~~

画像

車両は 【キモ 31系(サイケ)】 





◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆




      キモワルちゃんついでと言ってはなんですが。。。
      ツイッターで発見!(@_@;)


画像






         モモイロヤママユ(Rosy maple moth)

         学名 Dryocampa rubicunda

         体長はオスが32~44mm、メスが40~50mm

         北アメリカに生息するヤママユガ科の蛾・・・だそうです。(@_@;)













ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 22

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

  • むっちゃん

    列車の「キハ」と「モハ」は見たことあるけど、「キモ」はむっちゃんの笑いのツボを直撃、笑いが止まらんばい。秋田のアイスで更に笑ってしもうた。
    2014年07月24日 08:52
  • らいあ

    むっちゃん、
    イモちゃんがだんだん列車に見えてきて
    そしたらふっと頭に「キモ」が浮かんだのです(アホ)
    秋田のアイスはぜひとも北米観光客のみなさまに
    召し上がっていただきたいですよねー。
    (げげーっ)
    2014年07月25日 09:38
  • ツユヒメ

    らいあ さん 初めまして 広島のツユヒメです。
    蛾だらけの拙い虫ブログへお越し頂きありがとう
    ございます。まだ362種、これからです。

    北海道新幹線の車両に「キモ31系」とは面白い
    ですね。 ホソバセダカモクメの終齢幼虫は凄い。
    蛾の好きなマニアなら、一度は飼育をして見たい
    幼虫です。終齢幼虫になると急に色が変化して土に
    潜り蛹になります。以前に見つけた、イボタガと
    フクラスズメの幼虫は、車両には如何でしょうか?

    ★イボタガの幼虫→蛹化
    http://s2014no64.at.webry.info/201102/article_1.html
    ★フクラスズメ→幼虫、成虫
    http://s2014no64.at.webry.info/201204/article_22.html
    これからも よろしくお願いします。
    2014年07月29日 08:36
  • らいあ

    ツユヒメさん、
    はじめまして こんばんは。(^o^)
    蛾がいっぱいのツユヒメさんのブログ、
    ドキドキしながら拝見しました。
    まだわからないことがいっぱいの初心者なので
    とても興味深く楽しく読ませていただきました(^o^)

    ホソバセダカモクメは土に潜る前に色が変わるのですか!
    リンクを貼ってくださったイボタガも色が変わってますよね。
    蛹になる前に色が変わるなんて知りませんでした。(@_@;)
    どちらの子も車両のデザインに映える柄ですね、
    特にフクラスズメは、体の側面に並んだ赤い点々を
    窓のデザインに生かせそうです。
    きっと洗練された車両になることでしょうね~。(゚□゚||)

    きっと北海道では見られない蛾も
    たくさん記事になさってると思います。
    またおじゃまさせていただきますね!
    こちらこそどうぞよろしくお願いします~(●^o^●)
    2014年07月29日 22:27

この記事へのトラックバック