ト音記号と

画像





     ヘ音記号。

画像




     近所の畑で撮ったかぼちゃの蔓。
     デジタルテレコンで撮りました。

     デジタルテレコンで撮る時のターゲット枠はデカい。
     
     そこで、拡大AFを使うとターゲット枠が小さくなるし
     位置も細かく移動できることを発見。(遅?)
     ターゲット枠内に表示される画像の倍率も
     5×、7×、10×、14×の4段階で選べる。

     あらかじめLV拡大モードを「mode2」に設定しておくと
     ターゲット枠内の画像を拡大表示したまんま
     シャッターボタンを半押しすると、
     ピントを合わせることができて
     しかもそのままシャッターが切れるんですねぇ(◎o◎)

     これは便利だ~!

     ただ、デジタルテレコンの表示でさえグラッと眩暈なのに
     加えてターゲット枠内の拡大表示となると
     
     ぐらっぐらのゆ~らゆらで酔いそう。
     三半規管弱すぎ(笑)
     
     
     

     


     




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 20

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

  • むっちゃん

    デジタルテレコンのターゲット枠はそんな技で小さく出来るとは、知らんやったです。E-PL5でやってみたら出来た!。PENは隠し技がいっぱいあるから、iAUTOで撮るなら簡単やけど、使いこなすのは案外難しく奥が深いカメラですね。
    2016年08月21日 22:00
  • らいあ

    むっちゃん、
    いろいろやってみるもんですよね!(笑)
    ターゲット枠の大きさ(倍率)選びでどの範囲までピント合わせるのか調節できるところが面白いと思いました(^0^)
    出来上がる写真の印象が変わりますよね。
    2016年08月22日 19:39

この記事へのトラックバック