繊細な模様

     プテラノドンが飛ぶ!

画像





     ヤゴが水中散歩?

画像



    
     1月14日の早朝、窓ガラスの模様です。
     最高気温 -6.6℃、最低気温 -15.7℃。
     冷え込む日が続いてました。

     翌15日の予想気温は、ついに、、、

画像



     うおおぉ~~、いよいよ20℃下まわるのかー!?

     と盛り上がってたのですが、実際の気温は
     最高が-6.5℃、最低が-17.2℃だった。orz
     どんだけ寒いか楽しみにしてたのになあ。
     
     それでもこの日の窓ガラスは前日よりもにぎやかで
     楽しい霜華がぎっしり出来上がっていました。


     炎が燃え盛り、

画像




     ウミウシがうごめき、、、

画像




     蝶の群舞!

画像




     いやいやマクロレンズむずかしいわー
     しかも玄関寒すぎて体が震えるもんだから
     ピントがなかなかアレだわ~

     と、ちんたらやってるうちにどんどん融けていきます。(汗)

画像



     融けゆく姿もけっこう好きだ。
     二つと同じ模様はない、その場その時かぎりの模様が
     徐々に形を変えて消えていきます。

     
     厳しい寒さの日が続いたけど、雪はそれほどでもなく
     物置もまだ半分くらいしか埋まってないし
     雪かきも例年より楽な気がする。(今のところ。)


画像



画像



     車道と歩道、これがこの地ではあたりまえの風景 (^^;)

画像



画像



     吹雪いた翌朝の窓。ギンギンにしばれています。

画像




◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ 



     最近、ほとんど散歩に出てません。

     
     肝臓のCT検査を済ませ、その結果
     特に問題となるところはなく、拡張気味と言われた胆管も
     まあ許容範囲でしょうとのこと。

     となるとなんで数値が上がってるの?とうことになり
     先生がおっしゃるには筋肉の病気かもしれないとのこと。
    
     筋肉の病気って・・・なんでしょうか?と訊ねると先生曰く
     「たとえばですけど、筋炎とか膠原病とか・・・」

     ということで帰り際にこの日二度目の採血(T_T)
     その結果が19日に出るんですが、、、

     家に帰って、ぐぐってぐぐってググりまくり(汗)
     膠原病って・・・筋炎って・・・
     難病に指定されてる病気じゃないですかー。(◎o◎)

     19日の結果次第で、神経内科への紹介状を
     書いてもらうことになってます。

     ま、今の段階で慌てたって騒いだって
     どーしよーもないじゃないの。
     
     とうことで、もし神経内科で検査することになったら
     入院もありえるみたいなので、今のうちにパーマかけて
     ブライアンみたくしてくるぞ~~!


画像



     ああでもでも。
     
     どんなに強がってみたって、
     身も心も華奢で繊細なアタシなのねぇ。

     どんなにがんばっても減量できないでいたのに
     10日で2キロ、痩せました(笑)

     考え過ぎ、ググりすぎ、思い込み過ぎは
     病気以上に心身を痛めますねぇ(汗)
     
                →グーグル病



     沈みがちな気分の時でもテレビからこんなCMが流れると、、、



     
     Keep yourself alive !!!(by Queen) 
     よどんだ空気もぶっ飛ぶぜぃ~!



     

     
     
     

      







     
     


     


     
     

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 25

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック