揺れる。

     小さな花が揺れる。


画像



     これ、ナルコユリじゃないわ。
     アマドコロだわ、たぶん。(^^;)

     

     小さな水滴もふるふるです。

画像



      ふるふると揺れ動くのは花や水滴のみならず

      迷える子羊のようにとまどう私。
      迷子の迷子の仔猫ちゃんのように
      こころもとなく震える私の小さな心。(アホ)

      それらを打破すべく
      先日、股関節の専門医に診ていただき
      思い切って人工股関節の手術を受けることに決めました。
 
      診て下さった石部基実先生は股関節の名医と言われていて
      テレビの健康番組などにも時々出演なさることもあり
      現在初診まで8か月待ち、手術まで4~5か月待ちという状況ですが
      たまたま私が予約したときは受診まで2カ月待ちということで
      (テレビ出演の前を狙った。)
      今月12日が初診の日でした。

      診断結果は両足とも変形性股関節症で
      左が初期、右が進行期。
      左の方は去年くらいから妙な重だるさ
       (10年位前に右足で経験したことのある感覚だった。)が
      あったから覚悟はしてたけど、やっぱり両方ともだった。orz
      変形自体はさほどでもないんだけど、
      特に右股関節の軟骨がなくなりつつあり
      いつ手術してもいいくらい、というより遅いくらいと言われ・・・(T_T)
      術後は血栓ができやすいらしいので、
      不整脈持ちの私はその分リスクが大きいけど
      対処しながら進めてくださるのことでした。

      なんだかんだで30年来の痛みから解放されるのはとてもとてもうれしくて
      今や「痛くない生活」がどんな感じなのかわからないくらいだ。
        (ちょっとボケてんのかも。汗)

      けれどその代償として、しゃがめなくなったり靴下を履けなくなったり
      足の爪を切れなくなったりしたら・・・と思うと手術になかなか踏み切れない。
      そのことを先生にお尋ねしてみたら、できるかできないかは筋力次第、
      それらのことができるように訓練(筋トレやリハビリ)が必要とのこと。
      もちろん術後の経過は個人差があるので、
      こればかりはやってみないとわからないとのことでした。

      ああ、生まれてこのかた、
      まともに胡坐もかけたことがないほど硬い我が体。
       (脳みそはアホで柔いんだけど←融けてんのかも。笑)
      この体に、今さら柔軟性など身につくもんなのだろうか。
      やってみなけりゃわからない、かぁ。うーん。。。
      まるでエリザベス女王杯のサンドピアリスや、
      有馬記念のダイユウサクの単勝を100万買うより
      大博打じゃないの~。(◎o◎)





「しかしびっくりだ!サンドピアリスに間違いない!」






「これはびっくりダイユウサクー!」


     
     それに、しゃがめなくなるということは
       (↑ 体と脚を90度以上前屈させてはいけない)
     たとえば道端や、草ぼうぼうの野っ原で這いつくばり
     アクロバティックかつスパイダーマンのようなポーズで
     カメラを構えることができなくなるということだ。
     あぁ、せっかくマクロレンズ買ったのになあ。。。(泣)

     しかしながら、
     徒歩10分の駅まで歩けなくてバスやタクシーを利用したり
     歩いて1分転んでも2分で着くはずのスーパーまで行くのに
     2~3回休憩をはさんだり

     痛みで夜中に目が覚めたり薬が効かなくなってしまった今、
     アホな私でもさすがに限界というものを感じてた昨今。
     
     石部先生とお話するうち、
     私に「有効な選択肢」はないことを思い知ったのでした。
     手術を受けるか否か(我慢して過ごす)ではなく
     手術を受けるか歩けなくなるか・・・
     あなたなら~どっち!?みたいなところに
     来てしまっているんだよねぇ。。。

     いくつか先生にお尋ねしたあと、
     最後にもうひとつ、質問してみました。
     
     不整脈を抱え、体もかたく筋力もない。
     痛みはマックスに近いけど骨の変形はさほど進んでいない。
     もし先生が私のような状況だったら・・・
     それでも手術を選ばれますか?と。
     そしたら先生は私の目をしっかりと見て
     「もちろんですよ。このまま放っておいても、
      決して良くなることはないんですよ?」と
     即答なさったのでした。

     その場で手術を決めることができなくて
     3日間悩んで躊躇して
     「手術しかない!やっちゃおう!」「ああでもなあ・・・」の
     無限ループに終止符を打ったのが4日目の午後。

     手術を受ける旨お電話して、手術の予約が完了しました。
     今の段階では手術は9月になりそうで、
     手術の日程が決まったらその2か月前にお電話いただけるとのこと。
     1か月前にはCTや心電図などの検査があり、
     輸血に備えて自分の血を貯血。
     まだ9月まで日があるので、それまでに筋力をつけるようにと
     トレーニングを教わり、プリントをいただいて

     それをやってるんだけど。。。やってはいるんだけど。。。

画像



     まともにできる体操が
     わずかしかありません。(T_T)(T_T)
     足がね、、、もう、、、2センチくらいしか上がらん。
     背筋にいたっては5ミリくらいしか上がってないと思われ・・・

     錘をつけてこなせる日が来るんでしょうか。(泣)

     でもね、やらねばならんのさ。
     ちょっとずつでもやれば…ちゃんとできてなくても頑張ってやれば、
     ちょっとずつ筋肉だって増えてくれるはずだ。
     
     できないからと言ってやらずにいれば
     いつまでたってもゼロのままで永遠にゼロだもなあ。
     ちっちゃなことからコツコツと、
     一つトレーニングを積んでは脚力のため…
     二つトレーニングを積んでは背筋のため…
     きよし師匠が唱える賽の河原地蔵和讃が
     頭の中をよぎるよぎる~(アホ)

     

     今自分にできることは筋力トレーニングのみ。
     あまりの出来なさかげんと筋肉痛で
     くじけそうになるけど

     あきらめないで石を積めば(トレーニングを積めば)
     賽の河原の子どもたちが救われたように
     私の前にもいつの日か
     地蔵菩薩様が現われてくれるかもしれん。
     そうすれば手術だって安心して挑めそうな気がする。


     んで、まあ当然と言えば当然なんだろうけど、
     手術の後も退院のあとも、
     人工股関節を支える筋肉を鍛えるために
     そのあとずーーっとトレーニング(リハビリ)は続くのです。
     そこが賽の河原と違うところだ。

     地蔵菩薩様とのありがたいご対面後も、
     私の筋トレは未来永劫続くのじゃったー。(゚□゚||)

     うれしいおまけ・・・
     筋トレから約2週間経過しまして、なんとなんと。
     体脂肪が5%減、体重が2キロ減となっておりまする~ヽ(●´∀`●)ノ

     サンドピアリスやダイユウサクに勝るとも劣らない
     「これはびっくり!」だわーー!














ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 18

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

  • ナナおじさん

    私も、病院嫌いなので少々のことでは通院しないのですが
    ずっと我慢していた時間よりも、治療した時間の方が
    当然短いですよね。不安な気持ちはありますが
    治療に専念し元気になられるのを願っております。
    がんばれ  「らいあさん」
    2017年05月28日 06:48
  • らいあ

    ナナおじさん、
    ありがとうございます。
    決めたこととはいえやはり手術は怖いけど、筋トレやリハビリをまじめにやって、カメラ持ってあちこち歩けることを夢見て頑張ります(^0^)
    2017年05月28日 17:39

この記事へのトラックバック

紫陽花
Excerpt:        雨上がりの朝、庭にて。
Weblog: Some Day One Day
Tracked: 2017-08-02 11:35