アオサギと、白いサギ

       ハクチョウの群れと大きく離れたところにサギが佇んでいました。


画像




       アオサギは、見ればすぐ「アオサギ」とわかる。
       
       グレーっぽいけど、よーーーく見るとうっすらと蒼い。
       よい名前を付けたもんだなあと思う。


画像



       じゃあ、白いサギは・・・というと。
       
       「シラサギ」というサギはいないと知った時は
       ほんとにびっくりだった。(◎o◎)


画像



       調べてみると、ダイサギ、チュウサギ、コサギという種類が
       いるらしいことがわかった。
       そっか、これはきっとダイサギだな。
       アオサギとの比較から見ても、この大きさなら多分ダイサギだろう、、、


画像



       と思ったらなんと。さらに調べてみると、

        ・ダイサギには4亜種ある。
        
        ・日本にはそのうち亜種オオダイサギと亜種チュウダイサギの
         2種が分布している。

        ・オオダイサギは冬鳥で、中国北東部から極東ロシアで繁殖。
         アオサギと同じくらい~やや大きい。

        ・チュウダイサギは国内で繁殖。
         アオサギよりやや小さい。

        ・大きさの順に並べると
         オオダイサギ>アオサギ>チュウダイサギ>チュウサギ>コサギ


       いやもう何がなんだかさっぱりわからなくなってしまって(゚□゚||)


画像



       なので「白いサギ」で通すことにした(激汗)


画像




       白いサギがふわりふわりと飛んで、
       ハクチョウのいなくなったあとの川に佇む。


画像



画像



       アオサギは何か相談でもしているような仕草だ。

         「ハクチョウたち行っちゃったけど…俺ら、どうする?」
         「渡る?それともここで冬越す?」
         「うーん…でもこれから渡るのって…遅くないの?」
         「んじゃー、寒いけどここで越しちゃう?」
       
       ・・・・・のように見えた。


画像




       ふたたび白いサギがやってきて合流。
       皆で陽の光にむかって並ぶ。


画像




       ハクチョウが飛び立ったあとの川は静かだ。
       
       アオサギも白いサギも、川に佇むときは鳴かないし
       飛ぶ姿もふわりふわりとやわらかで

       

       白いサギのじっと立つ姿が、
       いっそう静けさを感じさせます。


画像



     
        





       
        

       

       


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 15

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック