鳥を見たくて川まで


PA140016_sa0bi2.jpg


PA140025_sa0bi2.jpg


PA140051_sa0bi2.jpg




PA140054_sa0bi2.jpg


PA140058_sa0bi2.jpg


PA140062.JPG


PA140074_roten2sa0bi2.jpg


scape_PA140097_sa0bi2.jpg


scape_PA140124_sha3sharpmai1.jpg


PA140125_fantaroten5hi3sha3.jpg





気温5℃。
寒いんだけど気持ちいい。
顔の毛穴がキーンと締まる感じです。
厚手のダウン着こんで、川まで鳥見物、行ってきました。

サギと、たぶんヒシクイ。
ヒシクイは毎年川岸の同じところに固まって休んでいます。
声が低めだったからオオヒシクイかな?とも思ったけれど
その辺の見分けがつかない素人ウォッチャー(汗)
ましてや亜種までいるとのこと。

みんなひっくるめて「ヒシクイ」ってことで(^^;)

川岸の鳥から上空の鳥までまんべんなく撮りたい派だから
ミラーレス機を手に、上下左右髪振り乱しながら撮ってるんだけど

中にはバズーカみたいなどでかいレンズつけて
三脚立てて陣取ってる爺様カメラマンがおって

川岸ぎりぎりまで下りて行って三脚立てるもんだから
鳥が警戒してどんどん遠くに行ってしまってるじゃないの。(オイオイ)
しかもそんな近くからそのレンズだと嘴しか写んないんでない??
もしかして嘴フェチなの??

鳥をびっくりさせる時点でアウトー!だよねえ。
鳥(生きもの)が好きで撮ってる人と
カメラ(機械)が好きで撮ってる人がいると思うんだけど

いずれにせよさ。
「川におじゃまさせてもらって、撮らせていただいてる」ことを
忘れちゃいかんと思うわー。

川岸や沼地のあたりには白い羽がいっぱい落ちていました。
たぶんハクチョウはもう南へ向かってしまったんだなあ。

みんなみんな、元気に渡りを終えて
無地に目的地に着きますように!(●^o^●)






















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 15

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント

  • ゴンザレス

    しかし、どこにでも居るねぇ、迷惑な三脚ジジイが。
    ヒシクイって知らなかったから検索したらデカイんですね。
    店のお客さんにバズーカレンズを持っているオヤジがいて、
    冬になったら一緒にヤマセミという、めんこい鳥を撮りに行く予定です。
    2020年10月16日 21:11
  • らいあ

    ゴンザレスさん、

    年とると自分のことしか考えられなくなるんでしょうかね。
    迷惑な「手持ちババア」にならないよう気をつけなくちゃ(^^;)
    ヤマセミはカワセミ科の鳥なんですね。(ググりました)
    頭の毛がツンツンしててパンクロッカーみたいですね。
    かっちょいい!
    2020年10月17日 21:20