みな死んでいく



★P4110423_fanta2.jpg


大雪に見舞われた岩見沢だったけれど
3月の半ばを過ぎれば渡り鳥の飛ぶ姿がちらほら見られるようになり

彼らの鳴き合う声が賑やかで頼もしくなるにつれ
それは本当の春がやって来た証であることを
感じずにはいられない時節

春の到来とともに
Mayは天国へ行ってしまった。
先生が言った通り、「もって春まで」だった。

春までよく頑張ったね、めいこ
先生もびっくりしてたよ
よくここまで頑張ったねって

「Mayちゃんは幸せな猫でしたね」って
おっしゃってくださったよ、めいこ

生後2か月でMayがわが家にやって来たとき
猫の一生は長いようで短いから
あっという間に別れの日が来るのだと
覚悟して自分に言い聞かせたものだった。
1日1日を大切にしなければと。

Mayの前に我が家にいた雄猫ミックとトミー
彼らは20才、21才と長く生きてくれたけれど
私の腕の中で息を引き取った時には
「終わってしまった。あっという間だった。」という
胸をかきむしられるほどのやるせなさが残った。
自分より先に死んでしまうのはわかっていたはずなのに。

本当は長い長い時間であったはずの猫との暮らしも
1日1日は飛ぶように過ぎて行き

10年、20年が「あっと言う間」の時間に変わってしまう。

積み重ねてきた年月が
指の隙間からさらりさらりと砂がこぼれ落ちるように
Mayの最期の呼吸はゆっくりと、そして確実に
静けさにの中に沈んでゆきました。

さようならMay
ありがとうMay
おまえに出会えて私たちは幸せだったよ
うちに来てくれてありがとう
大好きだよ 大好きだよ

けっして忘れないよというよりも
猫との思い出は何年経っても私たちの心を鷲づかみにして
放してくれないもんだよね

悲しみや切なさ、そんな言葉を大きく超えてしまうほど
やるせないもんだよね。
なんて言っていいものか
自分の気持ちを表す言葉が見つからないよね。

この世に生を受けた生きものたちは皆こうして
いつかは死んでしまうんだよね。


◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆


こんな時にこの曲を聴くのは、本当はしんどいんだけど
自虐的にあえて聴くのさ。

Queenの「All Dead, All Dead」
(アルバム「News Of The World(世界に捧ぐ)」に収録)

ブライアン作のこの曲はアルバム発売当時、
恋人を亡くした曲なのかと思っていたけれど
本当は彼が子どものころに飼っていた愛猫との別れを歌った曲だったのでした。
フレディボーカルバージョンもあるけれど(ものすごく魂揺さぶられ苦しくなる)
この曲はやはりブライアンの朴訥とした優しい声で聴きたい曲です。


      Memories, my memories    
      How long can you stay       
      To haunt my days
          

      She came without a farthing      
      A babe without a name       
      So much ado 'bout nothing      
      Is what she'd try to say

      So much ado my lover
      So many games we played
      Through every fleeted summer
      Through every precious day

      All dead, all dead
      All the dreams we had
      And I wonder why I still live on
      All dead, all dead
      And alone I'm spared
      My sweeter half instead
      All dead and gone
      All dead

      All dead, all dead
      At the rainbow's end
      And still I hear her own sweet song
      All dead, all dead
      Take me back again
      You know my little friend's all dead and gone

      Her ways are always with me
      I wander all the while
      But please you must forgive me
      I am old but still a child

      All dead, all dead
      But I should not grieve
      In time it comes to everyone
      All dead, all dead
      But in hope I breathe
      Of course I don't believe you're dead and gone

      All dead and gone


      思い出よ、僕の思い出よ
      どれだけ長い間
      僕の日々を悩ますのか


      彼女は一文無しでやってきた
      名前もない小さな仔
      些細なことで大騒ぎ
      それが彼女の言いたかったこと

      たくさんたくさん浮かれ騒いで
      いっぱいいっぱい遊んだね
      過ぎゆくつかの間の夏
      かけがえのない尊い日々

      みな死んでしまう すべて終わってしまう
      僕たちの夢もすべて
      なのになぜ僕は今もこうして生きているんだろう
      みな死んでしまった すべて終わってしまった
      自分だけがここに一人残された
      僕のかわいい相棒はもういないというのに
      すべて死んでしまった
      行ってしまった
      すべて

      みな死んでしまう すべて終わってしまう
      あの虹の果てで
      いまでも彼女の愛おしい歌声が聴こえる
      みな死んでしまった すべて終わってしまった
      どうかもう一度僕をあの頃に返しておくれ
      僕の小さな友は逝ってしまった
      すべて終わってしまった
      すべて

      彼女の思い出はいつも僕とともに
      その間僕はずっとさまよい続ける
      でもこんな僕を許してほしい
      ずいぶん年をとったけれど
      僕はまだほんの子どもなんだ

      みな死んでしまう すべて終わってしまう
      でも嘆き悲しむことはないんだ
      やがてそれは誰にでも訪れる
      みな死んでしまった すべて終わってしまった
      でも希望が僕に生きる力を与えてくれる
      もちろん僕は信じない
      君が死んで行ってしまったなんて
   
      すべてが終わり なくなってしまったなんて

             (訳 by らいあ・・・個人的な心情を重ねながら訳しました)









泣いて泣いて
ガッツ&具志堅両氏にぼっこぼこに殴られたように目腫らしながら

鼻かんでかんで
鼻の穴から脳みそが出てくるんでないかと思うくらい鼻かみながら

この曲を聴こう。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 20

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

  • ナナおじさん

    ご冥福をお祈りいたします。

    我家のナナは、昨年の6月に他界し
    今でも、夫婦間で話題に上り
    たくさんの愛情をもらったことに感謝しているところですが
    「ナナ」の娘、「モモ」も最近特に体の衰えを感じています。
    同時に異常に甘えはじめ、心配していますが
    一日でも長く一緒にいられることを願っています。

    幸せに暮らせたMayちゃん、いつまでも家族皆を見守ってください。
    2021年04月17日 07:19
  • らいあ

    ナナおじさん、ありがとうございます。

    Mayがいなくなってしまい
    ずいぶんと部屋が広くなってしまいました。
    使わなくなったフードの皿やぼろぼろのカーペット、
    誰も乗ることのないソファの背もたれなど
    どれを見てもMayのしぐさを思い出しては涙です。
    時間が経てば悲しみは癒えるだろうけれど、
    まだしばらくは鼻をかむ日が続きそうです。。

    モモちゃん、くれぐれもおだいじに。
    飼い主さんがそばに寄り添うことが一番の薬ですよね。
    モモちゃんが日々穏やかにご家族の皆さんと過ごせますよう
    祈ってます。
    2021年04月18日 15:24
  • ゴンザレス

    居るはずの場所に居ない、
    掃除をすれば毛を見つけて思い出す、
    スーパーに行けばペットフード売り場に行きそうになる。
    気持ちを立て直すのは大変だと思います。

    Mayは幸せですよ、泣いてくれる人がいるから。
    私が死んでも誰も泣かんやろなぁ。
    2021年04月25日 13:17
  • らいあ


    ゴンザレスさん、ありがとうございます。

    Mayがいなくなって1か月が過ぎました。
    共に暮らす動物って小さな存在だけれど、
    同時に大きな存在でもありますよね。
    まだしばらくは何かにつけて思い出しては
    涙して鼻かむ日が続きそうです。。

    それでも今日は久しぶりに
    散歩に出かけてみました。
    少しずつ日常を取り戻しながら
    楽しくカメラで遊ぼうと思ってます~。
    2021年04月26日 20:03