今度は江別の動物愛護フェスティバルへ~動物愛護に思うこと

   動物愛護週間のイベントを堪能しました。(^。^)



   今回のイベントは江別市小動物開業獣医師会主催、場所は酪農学園大学。


画像

広いローンにでっかい牛の看板。国道からもハッキリ見えます。(^。^)




     お天気にも恵まれて、またまたた~~~っくさんのわんこ達に
     囲まれてきました。(^。^)
     


画像

アジリティ競技後に一般開放。飼い主さん、悪戦苦闘?犬も人も楽しそう。(^。^)





     今回の目的は、実はアイスクリーム!!酪農学園大の生徒さんが作ってるアイスです。


画像



     バニラ、ストロベリー、チョコの3種類。  1ヶ、105円!です。
     このアイス、実は20年くらい前に一度食べたことがあって、
     その時のおいしさが忘れられなくて!
     絶対食べてこようと心に誓ってやってきたのでした。

     ダイエットっすか?ふっふっふっ・・・
     詳細は来月早々、Biglobeさんのメンテが終了した暁には
    「9月を総括~」でアップしますけどね・・・
     すんごくいい感じな状態に仕上がった(←馬じゃないんだから・・・)んで、

               

               今日は自分にご褒美です。(どキッパリ!!)



     ストレートに牛乳の味!まったり感はさほどでもないんだけど、素朴な香りです。
     スプーンですくった感触も、手作りならではのなんだか懐かしい感じがしました~(^。^)
     学食の2Fで売ってます。

     その他、酪農大のグッズと言うのがあって、白黒ブチの牛模様エプロンやバンダナ、
     クリアファイルや鉛筆といった文房具も売ってました~(^。^)
     あ、もちろん、缶入りのチーズやバターもありました。


画像

飲み物の自販も牛模様!(大学生協1Fにて)



     
     会場のテントブースの中に米村牧場さんが出店してました。
     チーズが売られてました~(^。^)


画像

チーズに書かれた数字は熟成期間(月数)。



     ダイエット中はガマンしてたけど、本当はチーズ大好き!なので心魅かれまして…(^。^)
     熟成期間によって、個別に売られていました。それぞれ試食もしてきました!

                       くわしくは➔ 米村牧場チーズ工房<プラッツ>



     熟成期間が短ければ、チーズの香りも若々しくて、食感もやわらか。
     ちょっとチーズは苦手かも…という方でも大丈夫かもしれません。
     時間がたったものほどコクがあり、チーズらしい風味が豊かで旨味もアップすると、
     お店の方もおっしゃってました。
     
     ワインが入ったチーズもありまして(赤、白、それぞれ)試食してみましたが、
     アルコールがダメな私でもおいしくいただけました。(^。^)
     
     順々に熟成期間ごとに試食して、結局27ヶ月熟成モノに決めました。
     かなり硬いんですが舌の上で転がすと、なんとも言えないまろやかな香りが
     口の中に広がります。
     71グラムで603円(いいお値段だけど、その価値あり。)のチーズを
     選びました。(*^_^*)


     近郊の農家さんの野菜直売コーナーもありました~(^。^) ラッキー!!


画像



    でっかい曲がりきゅうりが一本10円!! 小ぶりなトマトは4ヶで100円!!
    トマトは最初8ヶ買ったんですが、ちょうどのこった2ヶをおまけしてもらったので、
    10ヶで200円!
    すごくおいしそうだったので、買ったばかりのトマトを芝生の上で丸かじり!
    小ぶりだけれど、味が濃くって最高! 
    これってとても贅沢な食べ方だねと、娘と感激してかじりました。



画像






画像






画像






     先週のばんけい、今回の江別と、2週連続で行われた動物愛護フェスティバル。
     きちんとしつけを受け、必要となれば病院に連れて行ってもらい、
     過度ではない愛情を受けて生活できる子たちは幸せだ。

     けれど人間の都合で、ゴミのように捨てられる子たちもたくさんいる。
     道自然環境課によると、道内で収容された犬猫は昨年度1万2,065匹、
     うち7,633匹が殺処分だ。
                     (9月21日付 北海道新聞朝刊より)


     よく聞く 「飼えなくなったから。」は、理由にならない。
     そういうのはいいわけであり責任転嫁。
     飼えなくなったら、他者の手を借りて殺すという図式。
     飼えない状況になったとしても、新しく迎え入れてくれる人をさがす。
     血眼になってさがす。何が何でもさがす。
     かわいがってきた子に終の棲家を提供できなかった責任を撮るのが飼い主だ。


     また、今まで飼ってきたのに「もう、要らない。」と、簡単に捨てる人。
     どういう神経、思考回路なんだか、まったく理解できない。
     大きな紙袋に飼ってる犬を入れて
    「処分してください。」と連れてくる人もいたり。


    新聞に載ってた、札幌市北区の動物管理センター指導係長の言葉

     「ペットへの愛情が強まることと、責任感が増すということは必ずしも一致しない。」

    この言葉の意味を、動物を飼ってる人やこれから飼おうという人は
    何度もかみしめなくてはならないと思う。


    動物に関してはいろいろ思うところがあって・・・
    たとえばペットショップには、いつ行ってもかわいい盛りの仔犬や仔猫がいますが、
    この子たちの母犬や母猫がどんな環境で「子を強制的に産ませられて」いるかを考えると
    もうペットショップのそばを通るのも気が重くなります。
    
    劣悪な環境で糞尿にまみれ、全身皮膚炎で自慢の体毛は抜け、
    はげ落ち、皮膚がむき出し。
    病気になっても獣医師に診てもらうことなどありえず、片目がつぶれ視力を失った犬。
    せまいケージに首輪の鎖がたったの30センチ、身動きが取れず、
    檻のすきまに手が挟まり、そのままの形で前足がちぎれ壊死、
    それでも無理やり交配させられ1年に2度の出産を繰り返させられる。
    度を過ぎた過度の出産で歯がほとんど溶けてしまった犬。
    犬種がわからないほど変わり果てた犬たち。
    産めなくなったら10頭束にして管理センターで殺処分。などなど・・・・・・・・・・・
    
    すべてのブリーダーが悪質なわけではないけれど、ペット産業と名のつく限り、
    犬も猫もその他の売られてる動物たちはただ単に「商品」「モノ」でしかないのだろうか。
   
     『パピーミル』で検索してみてください。(仔犬生産工場という意味です。)
    私のPCではフィルタリングソフトにブロックされたサイトもあるほど。
    それほど凄惨な状況の犬もいるということです。
    まともな人間なら直視しがたい。でも、目をそむけてはいけない。


    それと・・・日本の動物園や水族館のこと。
    どなたかのブログで

      「動物園に行く人の気がしれない。檻に閉じ込められ精気を失った野生動物を
       ながめて、かわいいとか言ってる人の気持ちがわからない。」

    と書かれてるのを見て、初めは絶句するほど驚いた。
    ああ、こういう人もいるのか、だとしたら このブログに書いた旭山動物園の記事なんて
    言語道断なんだろうなあと。
    でも最近、そんな気持ちもすこし理解できる気がする。


    動物園や水族館の存在意義って、なんだろう?
    そう考えはじめると、その必要性というのが自分の中でぼやけてくる。


    希少種の保護、繁殖と言ったって、あくまでも園の中での話であって、
    生まれた仔を自然にかえす活動をしてるわけではないし・・・。
    (かえしたところで生きてはいけないだろうし)
    

    園内で飼育されている動物たちが誕生日をむかえると
    バースデイケーキを用意したり、亡くなれば記帳したり。
    わが子を思う母親の愛情、まさかそれと同様の愛情でもって
    希少種動物に接してるわけではないと思うけど・・・。
    愛情は当然必要だけれど責任の種類が違うし、何より飼育員はそれが職業なんだから、
    おかしな母性論引き合いに出して希少種の飼育、管理に当たってほしくない、と思ったり。


    なにはともあれ、すべての動物たちに幸あれと・・・願いたいけど・・・


    そうじゃない現実が目の前にあります。
    これが、私たちが作り上げた(そして、今も作り上げてる)現実の世界です。
    
    

       
     

"今度は江別の動物愛護フェスティバルへ~動物愛護に思うこと"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]