レコードで競馬を聴く!?

   LPで競馬実況を。(^。^)



   少し前に伯父からレコードを譲り受けた。
   「杉本清 競馬名勝負物語」「さらばハイセイコー」「ハイセイコーよ元気かい」の3枚。
   「杉本清~」はLP、ハイセイコーの方はドーナツ盤。
   



画像






    す、すごい・・・。 こんなの持ってたんだ、おじちゃん。(@_@;)


    昭和40年代の名勝負がレコードになっている!こういうのが売られてたんですね。
    当時はまだビデオもなかった時代だから、音声で楽しむ(しかなかった)
    ということかぁ。
    
    ナレーションや、志摩直人さんの詩がスポット的に挿入されてて、
    目を閉じてじーっと聴いてると、まるでラジオ小説のようです。
    「映像」が浮かんでくるような杉本さんの実況、そして声質もいいんだなー。
    馬の美しさがひしひしと伝わる名実況!ですね。


    <SIDE A> 1 サラブレッド物語~昭和48年度 菊花賞ハイライト

          2 競馬を愛する男 杉本清

          3 菊花賞名勝負
 
              (1) 昭和47年度~イシノヒカル(増沢)対関西3強の戦い

              (2) 昭和48年度~タケホープ(武邦)対ハイセイコー(増沢)

              (3) 昭和49年度~キタノカチドキ(武邦)

           4 春の天皇賞名勝負物語

              昭和48年度~タイテエム(須貝)

              昭和49年度~タケホープ(嶋田功)対ストロングエイト(中島啓)


     <SIDE B> 1 テスコガビー物語~昭和50年度 桜花賞

                本場場入場~レース実況(勝利ジョッキー菅原)~詩朗読

           2 桜花賞名勝負物語

           (1) 昭和44年度~ヒデコトブキ(久保)対トウメイ(高橋成)

           (2) 昭和48年度~ニットウチドリ(横山)対キシュウローレル(梅内)

           (3) 昭和49年度~タカエノカオリ(武邦)

           (4) 昭和51年度~テイタニア(嶋田功)

           3 サラブレッド讃歌



    内容はその後ビデオ化された「杉本清 競馬名勝負物語」と重なってるところもあります。
    杉本さんの特徴のひとつに、同じフレーズを繰り返して実況する、というのがありますね。
     
    私が大好きなテスコガビー優勝の桜花賞では、大逃げを打つガビーが4コーナーをまわる時
    「充分貯金をため込んで」を2回、直線では「後ろからは何にも来ない」を
    3回も言っている。
   
    ハイセイコーが淀の坂を下る時の「ゆっくりと下らなければなりません」の
    2回くり返すところも、いいですよね~。
    (このLPシリーズには「テンポイント名勝負物語」というのもあるようです。)





画像

B面:弥生賞、皐月賞、菊花賞の実況録音






画像

B面:第19回有馬記念、引退式の実況録音





    「さらばハイセイコー」の作詞は小坂巌氏、作曲は猪俣公章氏となってるんですが
    小坂巌氏って、たしか競馬実況してた方じゃないですか??
    10年くらい前に週刊競馬ブックでコラム書いてなかったっけ??
    あれぇー、あの方がこの曲を作詞してたですか・・・。
    知らなかった、知らなかった!ちょっとびっくりです。


    過去のレースはDVDで楽しむことができる時代ではあるけれど、
    たまにはいいんじゃないかな、レコードで聴くっていうのも。
    音質はけっして良くは無いけれど、温かさがあります。(^。^)


    プレーヤーがなくちゃ聴けないっていうんでわが家にやってきたレコードたち。
    おじちゃんに感謝しつつ、大切にしよ~っと!! ヽ(^。^)ノ                








"レコードで競馬を聴く!?"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]