ふつうじゃない雪

  尋常ではない。「ありえない」を超えた降雪量となってます。(T_T)


  1月なかばにしてこの雪の量、「こんなのはじめてだわぁー!」というのが近隣住民の
  一致した意見となってます。
  ふつうは2月にかけてどどど~んと降るパターンなんだけどなぁ。
  こんなに休みなく降り続くと、ウォーキングなんてとんでもないっ。
  視界不良と猛吹雪で、生きて帰れなくなる可能性大です。(@_@;)


  それに除雪もままならず、いつもの川への散歩コースはおそらく胸まで雪が積もってるはず。
  せいぜい近場のスーパーへお買いもの・・・これくらいが精一杯、だわ。


画像

ご近所の様子。空き地にはブルドーザーが雪寄せしてできた巨大な山が。



   住宅地の道路はギリギリ車1台しか通れません。
   救急車などの緊急車両がスムーズに入って来れるのかどうか心配です。

   大きな道路に出てみると、、、、、


画像



   車道と歩道の間には、ぶ厚い雪の壁がまるで万里の長城のように
   でで~んと出来上がっています。
   壁の右側の細い通路??みたいなのが歩道なのですが
   積雪の高さが約2メートルくらいあるので、
   歩いてても向こう側の車の姿が全く見えません。
   壁の左側、ちょうど排雪した雪を運ぶダンプカーが通るところです。


画像

通路、、、いや、歩道を行く ソリ部隊のマダム。仲間だ~(^。^)



   一時運休になったJRとバスは、多少の遅れはありますがどうにか動いてます。
   ただしバスは、停留所から乗れない仕様になっております。
   車道~歩道間の万里の長城が高すぎて乗降がムリ。(゚□゚||) 
   危険を感じながらも、車道に並ばなくてはならない状況です。
   や、こんなんでいいのかー?クレイジーすぎる。(@_@;)


画像

標識も埋まっている。右奥のまるい赤いのがバス停。



画像

スーパーの駐車場。除雪後に巨大な山が出来上がる。



   日に何度か雪かきしないと、玄関前が雪でふさがり
   道路へ出られなくなってしまいます。
   雪はサラサラで軽いのですが、自分の背より高く積み上げなくてはならず…(泣)
   毎日が筋肉痛。そのうち四十肩に・・・あ、見栄はってすんません、
   五十肩になりそう。(T_T)

   晴れた時を見はからって、パチリと。

画像

道路まで開通した喜びを、フレディのポーズで。(^。^)



画像

同じくその喜びをギターで表現してみました~(^^)v



画像

ちゃんとエアピック持ってます~。(アホ)




                ・・・こんなことやってる場合じゃないんだけど。











      
  
            


      

"ふつうじゃない雪"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]