ノートPCの埃対策<その2>

      うちのPCはノートパソコン。




      以前ブログに書いた通り、排気口に埃がたまるのでやっかいです。
      ファンの部分に詰まって熱を放出できなくなって、触ると熱くなってたりする。


      そしてある日、ぷっち~~んと電源が勝手に落ちるざます。


      自分で分解するのはコワイし、前回はおとなし~く修理に出しました。
      修理っていうか、結果的に「おそうじ」なんだけどもね。(汗)
      なんぜんえんもかかる、お高いお掃除となります。(ToT)


      で、それ以来、キーボードカバーつけたり、静電気を利用したブラシで
      こまめにごみをとったりしてます。
      特にキーボードカバーはとても気に入ってて、タイピングするときのカチャカチャ音が
      ミュートされるので、耳にやさしい感じが好きです。


      ただ使ってるうちに縁がヘロヘロになってきて隙間から埃が入ったり、
      キーボードに接する面が溶けたようになってべたべたしたりすることもあるので
      2~3か月ごとに取り換えて使ってます。
      値段は、PCの機種によって変わってくるのかもしれないけれど
      うちのは家電量販店で1,000円きるくらい。


      これで快適に使えるなら高くはないと思う。(^o^)

 
      それでもやっぱり、熱を帯びてくるんだな~。
      PC本体の下側からも埃は入り込むんだわ。う~ん、なかなかしつこいもんです。


      そこでちょっと思い立って、電源切ってアダプターも抜いて
      マウスや外付けHDDなどの周辺機器も外して、
      PCひっくり返して外側から取れる限りのゴミをとってみよう!ということに。


      ひっくり返してみると案の定、空気の吸い込み口にけっこうまとわりついている。


画像



      頭に浮かんだお掃除グッズは、ミシン掃除用のブラシ。
      毛先が長いからハブラシ使うよりも奥まで届きやすいんじゃないかと思って。


画像



      これが予想以上の働きをしてくれました。
      網目状になったところから毛を入れて、ほじくり出すようにブラシを動かすと、
      細かい綿ゴミみたいな埃がぽろぽろ出てきました。


      そこでさらに「あ!」とひらめきまして。
      どうせなら掃除機でおもいっきり吸い込むっていうのはどうなんだろう?


      まるい吸い込み口と、掃除機のホース接続部分、直径が同じくらいなんだもの。


画像



      PCにピタッと押し当てて掃除機のスイッチを入れると、PC内でファンがシュルシュル~っと
      回ってる音がします。
      すると奥にたまってかたまってた埃が、パソコンの外に引きずり出されるようにして
      姿を現します。(゚□゚||)
      えぇー、こんなのが入ってたの??とびっくりするくらい。
      予想以上にたまってるもんなんだなぁ~。


      PC本体の横についてる排気口からは、ひんやりとした空気が出始めます。さわやか~。
      これで冷却機能が少しは改善された…と思っていいのかな。(汗)


画像
とれたとれた~(^o^)



      ただどうなんだろう。
      いくら電源切ってから作業を進めるにしろ、
      あまり安全策ではないような気もするけどね・・・。


      うちは2週間に1度くらいのペースで掃除機で吸ってますが
      真似するかしないかは自己責任でお願いします~。


      でもほんと、ウソのようにPCの熱が冷めるよ~(^。^)






















"ノートPCの埃対策<その2>"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]