命日の日のいろいろ

        昨日11月24日はフレディの命日だった。



        毎朝欠かさず聴いているFMノースウェイヴ「Tuck's Morning Radio」では、
        リクエストの有無にかかわらず、その日が誕生日または命日にあたるミュージシャンの
        曲がよくかかる。


        昨朝は、絶対Queenの曲がかかるぞ!と意気込んでラジオのスイッチをいれました。(^。^)
        例年だと1曲しかかからないけれど(Tuckさん、もっとかけて~。笑)
        今年はフレディ没後20年の節目ということもあってか
        フレディのソロ曲も含め、計7曲も!おおー、なんて大盤振る舞い。
        朝の番組ということもあってあまりマニアックな初期曲なんかはかからなかったけどね、
        たとえば「Liar」とか「March Of The Black Queen」とか。(笑)

       
        番組のオープニングからいきなりQueenだもの!
        弁当詰めながら体中の血潮が煮えたぎるのを禁じえませんでした。


            <Tuckさんがかけてくれた曲リスト>

              06:00  Radio Ga Ga   ( Queen )

              06:08  Great Pretender ( Freddie Mercury )

              06:30  Time           ( Freddie Mercury )

              07:00  Killer Queen       ( Queen )
         
              07:17  Bohemian Rhapsody   ( Queen )

              08:00  Don't Stop Me Now   ( Queen )

              08:55  I Was Born To Love You ( Queen )


        最後にかかった「I Was Born To Love You」は、
       "演奏" はQueenだけどもともとはフレディのソロ曲だ。
        フレディのアルバム「Mr.Bad Guy」に収録されている曲で、彼亡き後
        ボーカルテイクのみ抜き取って、それに3人のメンバーの演奏テイクを重ねて
        出来上がった曲だ。

        近い将来、未発表音源(デモ)をブライアンとロジャーがCD化するらしいんだけど
        フレディもいない、またベースのジョンもいない状況でアルバムを作るということは…
        こういう形でしかQueenはアルバムを生み出せないという現実を思うと
        本当に惜しい人を亡くしたものだと思う。
        フレディが健在であればジョンの引退もなかったんじゃないかと思うし。

        4人のメンバーそろってのレコーディングではないし、
        机上でパズルを組み合わせるように…
        作為的にといっちゃ言葉がよくないかもしれないけれど、そういったアルバム作りの過程には
        フレディやジョンが残した「音」は在っても意向というか意思はないんだよな~。
        それでもQueen名義でオフィシャルにリリースされるのであれば買うんだろうけど。(笑)
        オフィシャルなものならベスト盤以外手もとに置いときたいし。

        でもブートは買わないかな。
        「アルバムとして世に出したい、出すんだ!」というQueenの意識が
        加えられてるものなら別だけどね。(そんなブート、あるんだべかね?あるの??笑)
        その素晴らしさに見合った報酬が彼らの手中に流れないモノは
        買わないようにしてます。(笑)



        東京タワーではQueen展が大盛り上がり。
        ううぅー、行ってみたい。行ってみたいが先日釧路行きで散財したばかりの身。
        こりゃ~、じっと我慢の大五郎でいるしか…(ToT) (ちゃん!古っ)
        グッズ関連はどうでもいいんだけど、彼らが身につけた衣装や 手にした楽器なんかは
        自分の目で見てみたい気もするな~。
        ジョンのベース(ミュージックマンのやつ?)も展示されてるらしいんだよなー。

        この時期、高校の定期考査や土日の特別講習などもあって
        娘を連れてのおでかけがひっじょ~~に難しい。(ToT)
        先立つものがたとえジャパンカップでどうにかなったとしても(言うだけなら簡単だぞ)、
        時間的余裕が無くてはどうしようもない。



        お家でCD聴いて、DVD観て。
        フレディとQueenに感謝しながら。
        命日といえど普段と変わらない生活リズム。



        先日の釧路、すんごい遠かったけど、
        行ってよかった。(しみじみ…)


画像



        お客さんの入りはあれだったけど(涙)、やっぱあの音!しかも大画面で!
        Montreal 観ていっつも思うことだけど、このライブの「Keep Yourself Alive」がね、
        もうたまりまへ~~んっ!!\(^o^)/ 特筆モンだわー。



1コード(E)でちょこっと遊んで、そこからFに転調、からの「でけでけでんでけ~~」!
何回聴いても爆死確実~ ヽ(^o^)丿




        映画を観る前に記帳用紙を受け取り、フレディやQueenへの思いを綴ります。
        出発の数日前から家で書き留めた文章を行きの列車内で英訳し(けっこうな長文。笑)
        思いをこめながら書き写しまして、係のおねいさんに渡してきました。
        後日、全会場分まとめてイギリスのフレディの家に届けてくださるんだそうです。
        用紙はこんなかんじ。↓ パンフレットの中にも入ってたので記念にとっておこ~。(^。^)


画像





        昨日はなんだか急ぎの仕事がちょこちょこ入ったんだけど
        夕方気分転換がてら少し歩いてきました。
        夕方って言っても午後3時半。日暮れがはやくなったね。


画像


画像


画像


画像





        買い物を済ませて帰宅すると、娘からメール。
        「今から帰るよ」のお知らせと、「うかったぁ~~!」の雄叫びメール。
        
        ななななんと。英検2級、無事?合格ですと。
        ちなみに1次試験の点数は、合格基準点に+2点上乗せしただけという、
        薄氷を踏むような合格結果であります。(汗)
        それでも受かってしまえばコチラのものですから。(大汗)
        
        2次試験の面接(英会話)は、高校の教頭先生が手厚く指導してくださったおかげで
        受験した生徒たちはさほど緊張することなく会話に挑めた様子。
        とはいえ2級の内容は高3修得レベル。
        高1の娘の答案用紙には
        Ton-Chin-Kan 的要素も多分に含まれていたと思われ…(笑)



        夕飯は手まき寿司でお祝い。
        カレイとトビッコの2段重ね、うまかったー。
        イカやホタテと一緒に巻いてもうまいよね~、トビッコは。


        フレディの命日だというのに、
        盛大にお祝いしてしまいました。
        ま、いっか~。(いいのか??)


        …で、ふと思ったんだけど。
        東京の方じゃフレディ亡き後、毎年なんらかの追悼イベントのようなものが
        行われていたんだろうか。(かれこれ20年間。)

 
        こういうイベントの情報は、ネットがないと知り得ないことばかりだ。
        ま~知ったところで行けないことに変わりはないんだけども。(^^;)









"命日の日のいろいろ"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]