The Beatles 展 in paseo

        札幌の商業施設パセオにて、ビートルズ展が開催されてるというので行ってきました。



画像




             ◆ THE BEATLES展 in paseo
                
                開催期間 : 3/27(火) ~ 4/15(日) 10:00 ~ 21:00 観覧無料

                開催場所 : パセオ・センターB1F テルミヌス広場



        展示されてる品々の数は決して多くはないのですが、
        珍しいもの、初めて見るものもあって、おもしろかったですよ~(^。^)

        展示スペースは、パネル写真、グッズの展示、動画コーナーに分かれています。
        


画像


          
        4人の写真がいっぱい!このようなパネルが数面飾られています。


画像



         動画コーナーは2か所あって
         来日コンサート(武道館)と、エド・サリバン・ショーがエンドレスで流れてます。
         会場のテルミヌス広場にはちょっと離れたところにイスもあるので、そこからもゆっくり
         ながめることができます~。


画像
何度も見ている動画だけど、ついつい真剣に見てしまう。(笑)



         
          50代~60代以上のファンにまじって、
          けっこう若いファンも見に来てましたよ~。(^。^)


画像
  


          珍しいグッズの数々は、ショーケースのアクリル板にへばりつく勢いで
          ながめてまいりました。(^。^)

          まずは、(わりと or がんばれば)入手可能なグッズたちから。


画像
 
画像クリックでほんの少し大きくなります~(^。^)
 


          手前のダブルデッカーバス4個セットは限定発売だったっけか?(汗)
          今は入手不可なのかな?(よくわかりませ~ん。汗)
          A Hard Days Nightめざまし時計やグラスセットなどは、ロック系グッズを扱うサイト等で
          見かけた記憶があるような or ないような。(どっちなのー?)
          その辺の記憶はもうずっぽりおばさんの域突入済みの脳味噌ですから
          ツッコミはお許しくださいませ~。
          イエローサブマリンのプラモデル?って、初めて見ました。
          その他、iPhoneのケースなどなど。これは家電量販店で見たことあります~。


           続いて希少価値が高い品々の展示コーナー。


画像
  



画像

★Toy Guitar 

60年代にイギリスで発売された貴重なグッズで、「New Beat」と名付けられたトイ・ギター。イギリスのセルコルというメーカーが ’63~'64年ごろに子供向けに発売した玩具ギター。サイズは全長80センチ、横幅27センチ。ボディにはメンバーのイラストが描かれたシールが貼られています。




画像

★Quilting Doll

1964年に、4体のビートルズミニドールを発売したアメリカのレムコ・インダストリーが同時期に発売したキルティング・ドール。生産数が少なく希少価値が高い。身長約74センチ。座らせることができるように、人形の下半身は折れるようになっています。




画像
★来日時、飛行機から降り立つ時にはおっていた「はっぴ」のレプリカ




画像
★来日コンサートのパンフ




画像

★Sculpture

80年代後半、ビートルズのアルバム再発シリーズに併せて、山野楽器がライセンスを取得し限定製造された胸像。
日本で製造された珍しいライセンス商品。




画像

★CD Player

1996年製造。60年代に製造されたレコードプレーヤーと同じ形式でCDプレーヤーとして復刻したもの。限定1,000台の製造です。




画像

★Kubrick Figure

世界限定350セットのキューブリックフィギュア。ビートルズの公式アイテムでは史上最大。通常のフィギュアの10倍の大きさで、幼稚園児くらいの大きさです。既に市場から無くなっています。

画像

ちょっととぼけた感じの表情がなんとも…(^。^)




         大きなパネルに4人の超有名なシルエット、この前では「第5のビートル」になりきって
         写真におさまる人を何人か見かけました~。ヽ(^。^)ノ
         もちろん、アタクシも。


画像
ポケットに手を入れてジョン風にしてみた。




          短い時間で見てまわれるので、気軽に楽しめます。
          また札幌に行く用事があったら、寄ってこようと思います。
          JR札幌駅の真下にあたるので、とても行きやすい場所だし。(笑)


          そして余計なポージングですがわが家ではお約束ってことになってるもんで・・・



画像





          半世紀生きてこのあほさ加減。
          死ぬまでなおらんだろうな~。なおす気もぜんぜんないんだけどねぇ。(^^)v









                

"The Beatles 展 in paseo"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]