されど右手は…

     ツイッターでのやりとりでちょっとおもしろいことがあったので。(^。^)



     きのう、ひとりカラオケで3時間半Queenを熱唱し
     いい汗かいてきたのですが
     足でリズムとりすぎて(歌うときは座らない派)
     足の裏が痛くなってしまい、
     そのことをツイッターでつぶやいたのが事の始まりでした。


           らいあ:カラオケで 足裏ヨレて 水ぶくれ (^^;)

     
     すると281028さんから返信がありまして、

           281028さん:されど右手は 高々突き上げ(^^♪



     281028さんは、私がカラオケでQueenを爆唱することをご存知です。
     そして私がことあるごとにフレディの右拳振り上げポーズをやってしまうと
     いう(病気である)ことも、よ~~っくご存じでらっしゃいます(笑)
     ちなみに281028さんはQueenのファンというわけではなかったはずです。

     そんな2者間のやりとりですよん。


       らいあ:わっはっはっ!そのへんはまかしといてくださいっ!
            ちゃんと練習してきたし!(^^)v アホ


       281028さん:手前味噌気味ですが、「されど右手は 高々突き上げ」って
               なんにでも付きそうな。
               「古池や 蛙飛び込む 水の音 されど右手は 高々突き上げ」
               とか(@_@;)

       --------- この日は疲れ果ててばたんきゅー。そして夜が明けて --------


       らいあ:おはようございます~。「されど…」をつけるとその俳句の情景に
            フレディが浮かんでくることを発見しました!古池が、彼の像が建つ
            スイス・レマン湖にしか思えなくなります!
            すごいっ!ありがとうございます!ヽ(^。^)ノ


       281028さん:おはようございます。私は俳句の後に「されど…」をつけると
               その情景に雪上のらいあさんも浮かびます(^_^;)




画像
右手は高々突き上げ・・・




     たとえば、「柿食えば 鐘が鳴るなり 法隆寺 されど右手は 高々突き上げ」
     となるわけです。天高く、澄んだ空の青と柿の朱、荘厳な鐘の音。
     そこにフレディが立つ。なんとも美しいその姿。
     私にははっきりと見える。まぶたを閉じずとも鮮明に。(アホ)



画像
 

    
     「春の海 ひねもすのたり のたりかな されど右手は 高々突き上げ 」 
     おだやかなゆったりとした春の海が、「古池や~」とおなじように
     レマン湖を彷彿とさせますね。ね?
     季節を問わず、フレディの立ち姿は絵になることがよ~くわかりました。




画像
右手を高々と突き上げる雪上のらいあさん



されど



画像



右手は



画像



高々



画像

つきあげ!





        ほんとに、いい年をして・・・と思うのですがあまり(っつーかぜんぜん) 
        あらためる気がないんだよねぇ。
        いくつになってもアホは治らない~。(^。^)

        で、カラオケで爆唱してきた理由はこれです。↓↓↓


画像
今年もこの季節がやってまいりました~\(^o^)/
  



        この曲に挑戦だっ!どうなることやら!(笑) ヽ(^。^)ノ











"されど右手は…"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]