ロンドン五輪閉会式回顧

   はやいもので、あれから一週間が経とうとしている。
   

   夢のようなひととき、魂ゆさぶられるロック・ショウだった!



画像



   ロンドン五輪閉会式。
   その前夜は興奮のあまりなかなか寝つけず目がギンギンにさえわたり
   あぁいま頃ブライアンやロジャーはもう
   きっとスタジアムの楽屋内にいるに違いない…だの、
   どんな衣装を身につけるのだろう?だの、
   たった1曲とはいえ当然スペアのギターは準備するはず…だの、
   チューニングはもう終わったんだろうか?だの、
   要らぬ心配というかどうでもよい妄想を自分勝手に展開し、
   またそうすることによってさらに興奮して目がさえまくってしまうという
   悪循環なのか極楽循環なのかよくわからない数時間を過ごしつつ --------
   閉会式の始まりをドキンドキンしながら待っていた。
   結局まんじりともせず夜明けを迎えたのだった(汗)


   Queenの出番は終わりの方だし
   Whoはトリらしいということはわかっていたんだけれど、
   くりひろげられる様々なショーのBGMにも
   おそらく聴き馴染みのある曲が流れるであろうことは予想されるので
   彼らの出番まで間があるとはいえ
   緊張と緊張と緊張の連続。(笑)


   Queen『Bohemian Rhapsody』の歌いだしの部分、
   Is this the real life, is this just fantasy  
   Caught in a landslide, no escape from reality  
   Open your eyes, look up to the skies and see ~ から
   John Lennonの『Imagine』へ。
   リバプールの子どもたちによる手話付きの合唱、
   澄みきった歌声が美しかった。

                ※ 画像はクリックで大きくなります~(^。^)


画像



   そしてジョンの映像にはビックリ!
   こんな形で登場するとは…(涙)


画像



   この映像はヨーコさんが閉会式のために再編集したものだそうです。

             → 惜別の音楽祭、イマジンから=五輪閉会式〔五輪〕


画像
白い巨大なジョンの顔。ジョン・レノン・ミュージアムの、最後の白い部屋を思い出す。



   

   式の後半、もうそろそろか?今くるかっ??
   と待ちかまえていた時、ちっちゃく動く「黄色」が目にとびこんできた(!)


画像



   あぁ、まさかまさかまさか!?のフレディ登場に絶句(涙)


画像



   Queenの演奏曲は『We Will Rock You』と聞いてたから
   いきなりドラムから始まるものと思いこんでいた。
   ジョンにひきつづき、なんとフレディも舞い下りるとは!
   全身が心臓の筋肉になったかと思うくらい、激しく脈打つ。
   そして涙が…(T_T)


画像
スクリーンはトラックの荷台?に設置されてたんだ!TVで見てた時は気づかなかった!




画像



   ステージ上のスクリーンのほか、会場には複数のモニターが。
   Queenのライブではおなじみの、フレディと観客が掛け合いで交互に歌い
   一体となるひとときの再現だ。
   これはウェンブリーのライブ映像。フレディが観客を煽るように促す。

   涙が止まらない。両手の指を組んで祈るような気持ちで
   TV画面を食い入るように見つめた。


画像
映像のフレディに手を上げ応える選手の皆さん



画像



   そしてフレディが帰ってゆく・・・
   去りゆく彼の映像と重なるようにして、スタジアムに鳴り響くギターの音。


画像



   ああぁっ、ブライアンが・・・
   生身の動くブライアンが…処は違えど時を同じくして目の前に。
   涙がすでに滝。(T_T)(T_T)(T_T)


画像



   左うでにはアナグマ、右腕にはキツネ。
   ブライアンが活動している野生動物保護団体「SAVE ME」のキャラクターだ。
   ブライアンのギターソロがスタジアムに響きわたる。
   これもQueenのライブではおなじみのギターオーケストレイション。
   たっぷりとソロを聴かせてくれる。素晴らしい!


画像



   そそそそそしてっ!


画像



   つつつついにっ!
   ああぁっ、ロジャーが・・・
   生身の動くロジャーが…処は違えど時を同じくして目の前に。
   涙はすでにナイヤガラ状態。(T_T)(T_T)(T_T)
   ボーカルは女性シンガーソングライター、Jessie J。


画像



   スタジアム全体が「ドンッ ドンッ チャッ!」で揺れる!
   選手のみなさんも大盛り上がり!\(^o^)/


画像


画像


画像



   そして観客席のみなさんも大盛り上がり!
   大合唱で「♪We Will We Will Rock You !!」
   もちろん、らいあ家もお茶の間で大盛り上がり!
   涙も汗も鼻水もそこいらじゅうにがんがん振りまいて
   「♪We Will We Will Rock You !!」


画像


画像



   曲の最後の方でロジャーがティンパニーに移動。
   これもQueenのライブではおなじみの演出だ。
   ライブのようなたっぷり聴かせるティンパニーソロではなかったけれど、
   もともとは短い曲である「We Will Rock You」に
   一部とはいえティンパニーを持ち込むあたりに
   ロジャーの(ブライアンとロジャーの)意気込みというか、
   皆を楽しませようとするエンターティナーの意地を見た気がする。


画像




   フレディ登場~ブライアンのソロ~そして曲へ。
   最後の方でティンパニー。
   1曲を盛りだくさんに演奏・演出してくれたQueenとJessie Jにばんざい!(涙)

   欲を言えばもう一曲・・・
   いやこれは一ファンのわがままになるんだろうか。
   「We Will Rock You」とくれば次はやはり「We Are The Champions」が…欲しいぞぃ。


画像



   素晴らしかった。涙なくして観られない&聴けないステージでした。(涙)


   そうして閉会式の最後の最後で、The Whoの登場となり、
   Baba O'Riley ~ See Me, Feel Me ~Listening To You ~
   My Generationと、たてつづけに演奏、エンディングにふさわしく
   華々しいショーがくりひろげられました~\(^o^)/


画像



   式の前半では別のバンドがThe Whoの曲『Pinball Wizard 』を演奏してましたね。


画像


画像



   ピートの、腕を回してギターを弾く「ウィンドミル奏法」も
   いつもより多めに観ることができたような…気のせい?(●^o^●)
   特筆すべきはロジャー・ダルトリーの『有線マイク』!
   ワイアレスの時代にあって有線使うということはやはり、
   例の「マイクぶん回し→マイクキャッチ」、これですよねっ(^o^)


画像



   My Generation のエンディングでは大きな花火が次々と打ち上げられ
   大量の紙吹雪が舞い、出演者のみなさんがステージ上に集結して
   いよいよ閉会式が終わりを告げようと…


画像


画像



   そうして、私のロンドン五輪は幕を下ろしたのでありました。(感涙号泣)


画像




   一週間たって落ち着いてからアップしようという算段は
   脆くも崩れ去った感がある。(汗)
   開会式のラストを飾ったポールといい、式の中で流れた曲といい、
   ブリティッシュ・ロックという独自のロックを生んだ国の五輪開・閉会式だった。

   youtubeにオリンピックの公式チャンネルができてて(!)
   動画がいつでも楽しめます~!\(^o^)/
   公式だから削除される心配もないだろうし!
   しかも、某国営放送の『無神経な五月蠅いおしゃべり』なんぞ入ってませんからっ。
   存分に楽しんで観ることができる。なんて素晴らしいんだーっ!

   動画を貼ることができない仕様になってるのでリンクを。


   ◆Closing Ceremony - John Lennon - Imagine - London 2012 Olympic Games


   ◆ Closing Ceremony - Queen featuring Jessie J - London 2012 Olympic Games


  ◆Closing Ceremony - London 2012 - Extinguishing of the Flames - Serenaded by the Who

                          ※5:28あたりからWho !



   今観ても、泣ける。
   そんなアタクシはやっぱり、痴性と狂養に満ちあふれた幸せ者なんだろう。
   うん、納得。


     
    ◆イギリスのメダリストたちが集結(^。^)















"ロンドン五輪閉会式回顧"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]