雪の下のつらら

     せり出すように積もった雪と、塀の隙間。カメラをそっと差し込む。


画像




     外からは見えない、つららの世界です。



◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ 




     ジョン・レノンを詳しく知らない人でも
     この曲を知っている人はたくさんいることでしょう。

     Imagine (ひまん人)

       Imagine there's no Heaven (ひまん人に天国なんてないんだ)

       It's easy if you try (痩せようとする努力を維持しよう)

       No Hell below us (体重計に乗っても「減る」ことはない)

       Above us only sky  (私たちが飲むべきものは酢かい?)

       Imagine all the people (でもすべてのひまん人は)

       Living for today... (今をけんめいに生きてるんだ…)



     さてさて、さんざん気をもんだ神経内科の検査がすべて終わり
     結果はなんと、右股関節の痛みからくる姿勢の悪さ、
     頸椎のズレ2か所、首から肩、左腕のかけてのひどい凝りなど
     すべては右足をかばうがために体のバランスを崩していたことが
     判明しました。(◎o◎)

     血管の検査では、普通の人より血管が細く硬めなので
     痺れが出やすいことを指摘され・・・
     あぁ、血管までもが華奢なアタクシだったのねぇ。(アホ)
     詳細な血液検査でも、膠原病(筋炎)を疑うような数値は
     全く出ず、いつものようにコレステロールと中性脂肪が高め(汗)
     それと問題のGOTがやはり基準値の3倍ほど。
     ということで先生がおっしゃるには、、、

     「股関節痛からの運動不足!運動不足からの筋力低下と
      肝機能の低下!痩せなさい!
      そうすれば肝機能も向上すっから!」

     とがっつり叱られ、、、(口の悪い面白い先生だった。笑)
     帰り際には、人工股関節手術を得意とする病院を
     悩めるひまんじんに教えて下さったのでした。

     神経系の怖い病気ではなかった。
     痺れや脱力感、軽い筋肉痛があるから不安だったんだけど
     まさか股関節からくるなんて

     人間の体は正直なんだなあ。
     長いこと我慢しながらほったらかした自分の責任だよなあ。

     などとちょっぴり後悔し反省しながら

     股関節手術、おっかないけど
     前向きに考えようと思ってます。
     どんどん歩けるようになったら、
     きっと写真ももっと楽しめるだろうしねぇ。

      
     ジョン・レノンが大好きなのに(ビートルズ時代もソロも)
     彼の名曲をいじってしまったー。(^^;)
     こんな私にも、明るい明日がやってきますように。
     
     
     

     

     

     

"雪の下のつらら"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]