ハクチョウとヒシクイ


       早朝、川へハクチョウ見物に行ってきました。


画像



       気温は5℃。
       春先の5℃(まだ雪がある)と比べると暖かいくらいだ。
       
       とはいえ、お腹の調子が連日よわよわなので
       一縷の迷いもなく下腹部に使い捨てカイロをペタッと貼り
       
       と同時に若干の迷いはあったものの最悪の事態に備えて
       「リリーフ超薄型 まるで下着 消臭ストロング」を身に着け
       紙おむつデビューを華々しく果たしました。
       めでたしめでたし。(泣)

       そうして娘の運転で、川まで連れてってもらいました。
       二人でカメラ持って、いざ川へ。


画像
飛ぶハクチョウの下(川)にいるのはアオサギとシラサギ

 

       時刻は6時半くらい。
       50羽ほどのハクチョウが飛来していました。


画像



画像



       7時をまわるころにはほとんどのハクチョウが目覚めて
       羽をつくろったり、仲間にちょっかい出してちょっと揉めたり 
       いくら眺めてても飽きない光景です。ほんとにめんこいです。


画像



画像



画像



画像




       空を見ると、ヒシクイの小さな群れがやってきました。


画像



画像



       お腹に模様がないのでヒシクイと分かりました。
       (マガンは黒い横縞がある。)

       ところがヒシクイとオオヒシクイの見分けが難しい。(汗)


画像



       おでこ(前頭部?)から嘴先端にかけてのラインが
       まっすぐ直線に近いラインだとオオヒシクイ、
       嘴の付け根部分が少し凹んでるのがヒシクイ・・・など
       見分け方があるんだけど、私にはまだまだ区別がつかない。(汗)


画像



       でもこの群れの中に、たぶんオオヒシクイがいるはずです。
       鳥の鳴き声が賑やかなこの川岸で、
       ひときわ目立つ超低音の「ンガーッ、ンガーッ!」が聴こえてたので
       間違いないと思います。(^0^)


画像



       渡り鳥の秋の飛来はあわただしくて、
       この地での滞在日数はわずか。
       どんどん南を目指して飛んで行きます。


画像



画像



画像



画像



画像



画像



      
        みんな道中無事に、南に渡ることができますように。


画像

        


        この日の川には、アオサギやシラサギもいました。
        (オオダイサギ、チュウダイサギ、ダイサギ、チュウサギの区別が
         ???なので「シラサギ」としました。激汗。。。)
        めんこい彼らの写真も撮ってきたので後日アップします。(●^o^●)









        

        
        
        






       





       
       
     



"ハクチョウとヒシクイ"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]